2017年04月25日

マズローの欲求5段階説で、あなたはどの段階?

働き方改革の記事が今朝の新聞に載っていた。

それによると、勤労観は世代によって差があり、若者は楽しさを重視して中高年は自己実現だそうである。

さて、心理学者のマズローは、人間には本能的に5段階の欲求を持つとして「マズローの欲求5段階説」を唱えた。

第一段階 生理的欲求
第二段階 安全の欲求
第三段階 帰属の欲求
第四段階 尊重の欲求
第五段階 自己実現の欲求

このように、人は仕事で経験を積むにつれ欲求段階が上がってくるのです。

さて、あなたの今はどの段階?




posted by 声優社労士 at 08:36| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 労働問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月01日

労働契約を確認しよう!

今日から4月になりました!3日の月曜日から新社会人として働かれる方も多いと思います。

でも、働き始める前に確認してもらいたいことが・・・。

それは、労働契約です。

労働契約とは、労働者が使用者に使用されて労働し、使用者がこれに対して賃金を支払うことについて、労働者と使用者が合意することによって成立します。

つまり、あなたと会社が、「働きます」「雇います」という約束をすると、「労働契約」を結んだことになります。

・労働契約を結ぶときは、どんな労働条件なのかをしっかり確認することが大切です。
・募集広告や求人票に書かれていた条件が、そのままあなたの労働条件になるわけではありません。
・契約は口頭でも成立しますが、後で問題にならないように、書面にして受け取ることが大切です。

さらに、使用者には、労働契約を結ぶ際に、労働者に対して労働条件を明示する義務があり、賃金などについては書面を交付しなければなりません。

★以下のことを確認してください!!

・雇用期間の有無
・就業場所と業務内容
・始業・終業時刻、休憩時間、休日
・残業の有無
・賃金(給料)の決定、計算方法、支払いの時期
・退職するときのルール

など、必ず確認してください!




posted by 声優社労士 at 08:34| 神奈川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 労働問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月08日

馬鹿は死ななきゃ治らない

大手広告代理店が、従業員に違法な長時間労働をさせたとして厚生労働省から強制捜査を受けたと新聞で報道されました。

この会社は、以前にも同じような事件を起こし「反省する」と言っていましたが、またまた今回のような事件を起こし反省していないことがわかりました。

で、今回も社長が出てきて「共にがんばろう」と訓示を述べたそうですが、腹の中では「バレちゃって仕方ないな」「しばらくおとなしくしていよう」と考えているに違いない。

なぜなら、一度形成された組織文化・風土はそう簡単には変わることができないからだ。

馬鹿は死ななきゃ治らないとはよく言ったものだ。




posted by 声優社労士 at 08:41| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 労働問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月20日

缶コーヒーを1日複数本飲む人は、エネルギーの過剰摂取になる危険があります。

コーヒー飲料は、コーヒー以外にミルクや他の成分が入っているものをいうそうです。

自分でミルクや砂糖を加えて飲むのとは違い、どれくらいの量のミルクや砂糖が入っているのかわかりづらく、予想以上のエネルギー摂取になってしまう場合があります。

100mlあたり35-40kcalあるものが多く、190gの缶入りコーヒー飲料は約70kcalとなります。

1日複数本飲む人では、エネルギーの過剰摂取になる危険があります。

なお「ノンカロリー」「低カロリー」「ノンシュガー」「微糖」などの表示は、栄養成分表示において規定があり、必ずしも0kcal・砂糖0gとは限らないことを知っておいてください。







詳しくは厚生労働省のホームページで!



posted by 声優社労士 at 08:26| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 労働問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月30日

使用者はいかに安い賃金でこき使うかを考え、労働者はいかに怠けて賃金を多くもらうかを考える。

昨日は、神奈川県社労士会の研修がありました。

題は、「最近の労働判例と今後の労務管理の留意点」について。

偉い弁護士さんの話を聞きましたが、労使トラブルのなんと多いことか・・・。

さて、企業では労務管理が大事だといわれます。

思うのですが、それは使用者から労働者に対しての上から目線ではないかと。

立派な大人がなんで管理されなければならないのか?

また、労働基準法などの労働法はなぜあるのか?

それは、使用者が労働者を、労働者が使用者を仲間ではなく敵とみなしているからである。

使用者はいかに安い賃金でこき使うかを考え、労働者はいかに怠けて賃金を多くもらうかを考える。

これでは、これからの時代、成長は望めない・・・。








posted by 声優社労士 at 08:43| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 労働問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月08日

☆その昔、女性はクリスマスケーキに例えられた時代があったのをご存知ですか?

今朝の新聞に「マタハラ懲戒 修行規則に 政府指針案 企業に明記促す」と報じられていた。

この指針案は、企業にマタハラ対策を義務付ける改正男女雇用機会均等法に基づくもので、来年1月に法施行に合わせて運用を始めるとのことです。

そもそも、なんでマタハラが問題になるのかというと、日本型夫婦において性的役割分業が根付いているからである。

男は仕事をして、女は家事・育児をすればいいという風にね。

その昔、女性はクリスマスケーキに例えられた時代があったのをご存知ですか?

当時の女性は24歳頃までに結婚できないと世間から白い目で見られる風習がありましたので、同じくクリスマスイブの24日までは正規の値段で売られるが、25日になると価値がなくなり安売りされるクリスマスケーキに例えられたのです。

そのような性的役割分業が根付いた社会が簡単に変わるわけがありません。アメリカの銃社会が無くならないのと同じです。

意識改革が必要になるのですが、何十年先になるかわかりません。

詳しくは厚生労働省のホームページで!
ラベル:マタハラ
posted by 声優社労士 at 08:59| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 労働問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月21日

社労士は社長のイヌだからね。

労働者を退職に追い込む代行等の報道に関する会長声明」というのが全国社会保険労務士会連合会より出されたようです。

会社の従業員首切りに社会保険労務士が積極的に加担しているというもの。

以前、私が解雇問題で従業員さんから労働相談受けた時も、背後に社労士等の専門家が暗躍してるなと感じるケースがありました。

何よりも、相談者から「社労士は社長のイヌだからね」といわれた時はショックでした。

職業倫理、地に落ちたのかもしれません。

いや、すでに奈落の底かも?
posted by 声優社労士 at 08:53| 神奈川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 労働問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月16日

「いじめ・嫌がらせ」が66,566件と、4年連続でトップだそうです。

年度個別労働紛争解決制度の施行状況」によると、平成27年度は、前年度と比べ、総合労働相談の件数が微増、助言・指導申出、あっせん申請の件数が減少したようです。

ただし、総合労働相談の件数は8年連続で100万件を超えているとか・・・。

また、総合労働相談のうち、民事上の個別労働紛争の相談内容では「いじめ・嫌がらせ」が66,566件と、4年連続で最多となったそうです。

具体的な事案を見てみると、下記のようなものがあります。

『 申請人は、1年の有期労働契約を締結して勤務していたが、リーダーから無視、机を蹴るなどの言動を受け、さらには通常2倍以上仕事量押つけられるようになり、この職場環境で仕事を続けることは困難と考え退職した。その後、会社側と数回話合いをが解決には至らないままである。』

ホントに、イジメは無くなりませんね。

あなたの会社ではどうですか?

詳しくは厚生労働省のホームページで!



 我が家の花壇にモンシロチョウが遊びに来てくれました!



posted by 声優社労士 at 08:44| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 労働問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月24日

労働契約は、労働者が使用者に使用されて労働し、使用者がこれに対して賃金を支払うことについて、労働者及び使用者が合意することによって成立します。

厚生労働省「大学生等に対するアルバイトに関する意識等調査結果について」によると、労働条件の明示において、対象者1000人が経験したアルバイト延べ1961件のうち、労働条件を示した書面を交付していないものが58.7%あり、そのうち働く前に口頭においてですら具体的な説明がなかったものが全体の19.1%あったそうです。

さて、労働契約は、労働者が使用者に使用されて労働し、使用者がこれに対して賃金を支払うことについて、労働者及び使用者が合意することによって成立します。

また、労働者と使用者が対等な立場で合意し、締結、変更すべきものとされています。

住宅の購入や銀行からお金を借りるときには契約内容を書いた書面を必ず作りますが、就職のときには重要な契約であるにもかかわらず、労働条件を口約束で取り決めただけで書面にしない例が少なくなく、このために労働契約の内容があいまいになり、後でトラブルが発生することも見うけられます。

労働契約はトラブルを解決するための重要な判断基準となりますので、契約内容をしっかり確かめて十分な内容を持った書面による労働契約を締結するか、同様の労働条件通知書等の書面を交付してもらうことが必要です。
労働基準法第15条では、使用者は労働者に対して賃金、労働時間その他の労働条件を明らかにしなければならないと定めています。

なお、賃金に関する事項や労働契約の期間などについては、書面に記載して渡さなければならないとしています。

以下に、厚生労働省が配信している労働法についてのパンフレットを紹介します。
スマホでも見られますよ!
         ↓  
これってあり?知って役立つ労働法
posted by 声優社労士 at 08:36| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 労働問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月24日

労働契約の禁止事項

労働契約を結ぶときに、会社が契約に盛り込んではならない条件の続きです。

まず、労働することを条件として労働者にお金を前貸しし、毎月の給料から一方的に天引きする形で返済させることで、労働者が会社からの借金のために、やめたくてもやめられなくなるのを防止するためのものです。

次に、労働者に強制的に会社にお金を積み立てさせることです。これは、積立の理由に関係なく、社員旅行費など労働者の福祉のためでも、強制的に積み立てさせることは禁止するというもの。ただし、社内預金制度があるところなど、労働者の意思に基づいて、会社に賃金の一部を委託することは一定の要件のもと許されています。


労働法 第5版 (有斐閣アルマ) -
労働法 第5版 (有斐閣アルマ) -


posted by 声優社労士 at 08:43| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 労働問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月23日

長期的なキャリア形成の実施

派遣法の改正で、キャリアアップ措置が実施されることになりました。

これにより、すべての派遣労働者は、キャリアアップを図るために、派遣元から段階的かつ体系的な教育訓練
やキャリア・コンサルティング(希望する場合)を受けられます。

特に、無期雇用派遣労働者に対しては、長期的なキャリア形成を視野に入れた教育訓練を実施することが派遣元に義務付けられます。

詳しくは厚生労働省のホームページで!




まる分かり平成27年改正労働者派遣法〔細則確定版〕 -
まる分かり平成27年改正労働者派遣法〔細則確定版〕 -





ラベル:派遣法の改正
posted by 声優社労士 at 08:37| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 労働問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月22日

雇用保険の活躍ですね。





雇用保険は、労働者が失業した場合に、必要な給付を行うことにより再就職するまでの間の生活の安定を図るとともに、求職活動を容易にするなどその就職を促進すること、労働者の職業の安定に資するため、失業の予防、雇用機会の増大、職業能力の開発向上を図ることなどを目的とした保険です。

雇用保険はすべての事業を適用対象としていますので、1人でも労働者を雇用した場合、事業主は雇用保険に加入しなければなりません。


労働法のことならこの1冊 (はじめの一歩) -
労働法のことならこの1冊 (はじめの一歩) -



posted by 声優社労士 at 08:33| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 労働問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月21日

高齢者は天下御免!



派遣法においても、60歳以上の方は規制の対象外となりますね!


まる分かり平成27年改正労働者派遣法〔細則確定版〕 -
まる分かり平成27年改正労働者派遣法〔細則確定版〕 -


posted by 声優社労士 at 08:25| 神奈川 | Comment(0) | TrackBack(0) | 労働問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月19日

今の会社をやめて新しい会社に転職したくなったときに、途中で辞めるとペナルティとして罰金を取られるという条件があっては、辞められませんね。

そこで、労働法では、労働者が不当に会社に拘束されることのないように、労働契約を結ぶときに、会社が契約に盛り込んではならない条件を定めています。

まず最初は、労働者が労働契約に違反した場合に違約金を支払わせることやその額を、あらかじめ決めておくことです。

これは、たとえば会社である使用者が労働者に対し、「1年未満で会社を退職したときは、ペナルティとして罰金10万円」「会社の備品を壊したら1万円」などというように・・・。

でも、あらかじめ決めておいたとしても、それに従う必要はありませんよ!

もっとも、これはあらかじめ賠償額について定めておくことを禁止するものですので、労働者が故意や不注意で、現実に会社に損害を与えてしまった場合に損害賠償請求を免れるという訳ではありませんのでご注意を!!


労働基準法がよくわかる本(’15〜’16年版) [ 下山智恵子 ]

価格:1,512円
(2015/12/19 08:40時点)
感想(0件)




詳しくは厚生労働省のホームページで!






posted by 声優社労士 at 08:41| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 労働問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月17日

派遣における雇用継続の義務

平成27年9月の派遣法の改正で、同一の組織単位に継続して3年間派遣される見込みがある方には、派遣終了後の雇用継続のために、派遣元から以下の措置が講じられることになりました。ただし、1年以上3年未満の見込みの方については、努力義務となります。

(1)派遣先への直接雇用の依頼
(2)新たな派遣先の提供(合理的なものに限る)
(3)派遣元での(派遣労働者以外としての)無期雇用
(4)その他安定した雇用の継続を図るための措置

※雇用安定措置として(1)を講じた場合で、直接雇用に至らなかった場合は、別途(2)〜(4)の措置を講じる必要があります。

詳しくは厚生労働省のホームページで!



速報ガイド 平成27年派遣法改正の基本と実務 -
速報ガイド 平成27年派遣法改正の基本と実務 -






ラベル:派遣法改正
posted by 声優社労士 at 08:42| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 労働問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月16日

一般労働者派遣事業(許可制)/特定労働者派遣事業(届出制)の区別は廃止されました。

派遣労働という働き方、およびその利用は、臨時的・一時的なものであることを原則とするという考え方のもと、常用代替を防止するとともに、派遣労働者のより一層の雇用の安定、キャリアアップを図るため、労働者派遣法が改正されました!

そして、施行日以後、一般労働者派遣事業(許可制)/特定労働者派遣事業(届出制)の区別は廃止され、すべての労働者派遣事業が許可制となりました。

詳しくは厚生労働省のホームページで!




まる分かり平成27年改正労働者派遣法〔細則確定版〕 -
まる分かり平成27年改正労働者派遣法〔細則確定版〕 -




ラベル:派遣法改正
posted by 声優社労士 at 08:50| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 労働問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月15日

労働契約を結ぶときに注意すること

みなさんが仕事をするときは、仕事の内容や給料、勤務日などの労働条件をチェックして、自分に合った条件の会社で働こうとしますよね。

しかし、条件の合う会社に就職できても、実際に働き始めたら、会社の人が最初に言っていたことと全く条件が違っていた、なんてことになってしまったら、困ってしまいます。

そこで、労働法ではそんなことがないように、労働契約を結ぶときには、使用者が労働者に労働条件をきちんと明示することを義務として定めているんです。

まんが労働法a.jpg


厚生労働省では、マンガで労働法についてわかりやすく説明しています。

スマホで見られますよ!











ラベル:労働契約
posted by 声優社労士 at 08:42| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 労働問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月14日

ワーク・ライフ・バランス

仕事は、暮らしを支え、生きがいや喜びをもたらすものです。

しかし、同時に家事・育児、近隣との付き合いなどの生活も、暮らしに欠かすことができないものであり、その充実があってこそ、人生の生きがい、喜びは倍増します。

しかしながら、現実の社会は、安定した仕事に就けず経済的に自立できなかったり、 仕事に追われ、心身の疲労から健康を害してしまう、 仕事と子育てや老親の介護との両立に悩むなど、仕事と生活の間で問題を抱える人が多く見られます。

これらが、働く人々の将来への不安や、豊かさが実感できないことの大きな要因となっており、社会の活力の低下や少子化・人口減少という現象にまで繋がっていると言えます。

それを解決する取組みが、仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)の実現であり、国、企業、そして働く人々自身の取組みが不可欠なのです。

仕事と共に個人個人の生活を充実させるため、効率よく仕事をする、業務の状況を見て、早く帰れそうなときは早く帰る、趣味の時間を持つなどの取組みが大切です。

  スマホでも見られますよ!
    ↓
詳しくは厚生労働省のホームページで!














posted by 声優社労士 at 08:42| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 労働問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月12日

パートやアルバイトでも「労働者」として労働法の適用を受けるんです!

みなさんが会社に就職しようとする場合、みなさん(働く人、労働者)と会社(雇う人、使用者、事業主)との間で、「働きます」「雇います」という約束=労働契約が結ばれます。

どういう条件で働くかといった契約内容も労働者と使用者の合意で決めるのが基本です。

だからといって、この契約を全く自由に結んでよいとしてしまったらどうなるでしょうか。

労働者はどこかに雇ってもらって給料をもらわなければ、生計を立てていくことができません。

したがって、雇ってもらうためには、給料や働く時間に不満があっても、会社の提示した条件どおりに契約を結ばなければいけないかもしれません。

また、もっと高い給料で働きたいと言って、会社と交渉しようとしても、「ほかにも働きたい人はいるから、嫌なら働かなくていい」と会社に言われてしまえば、結局会社の一方的な条件に従わなければいけなくなることもあるでしょう。

このように、全くの自由にしてしまうと、実際には立場の弱い労働者にとって、低賃金や長時間など劣悪な労働条件のついた、不利な契約内容となってしまうかもしれません。

そうしたことにならないよう、労働者を保護するために労働法は定められています。労働法について知識をつけておくことが、みなさん自身の権利を守ることにつながります。

なお、労働法の保護を受ける「労働者」には、雇われて働いている人はみんな含まれますので、正社員だけでなく、パートやアルバイトでも「労働者」として労働法の適用を受けます。

詳しくは厚生労働省のホームページで!












posted by 声優社労士 at 08:37| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 労働問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月08日

働く人の誰もが当事者になり得る問題がパワハラです。

パワハラ問題ですが、業務上の指導か嫌がらせかの線引きは難しく、企業ごとに文化も異なることが、この問題への企業の腰を重くさせているのかもしれません。

しかし、職場のパワーハラスメントは組織の活力に影響を及ぼすだけでなく、働く人の誰もが当事者になり得る問題なのです。

職場で働く人は、働く人という以前に、尊厳を持つひとりの人間です。仕事という名目を傘に、人格を傷つけられたり、仕事への意欲や自信を喪失したり、時には心身の健康や命すら危険にさらされるような行為は、決してあってはならない行為だと考えます。

詳しくは厚生労働省のホームページで!




こんな上司が部下を追いつめる―産業医のファイルから (文春文庫) -
こんな上司が部下を追いつめる―産業医のファイルから (文春文庫) -



ラベル:パワハラ
posted by 声優社労士 at 08:35| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 労働問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする