2017年05月23日

生活習慣病のリスクが高まる飲酒量を女性では男性の半分の「一日の純アルコール摂取量20g以上」が望ましい。

女性の飲酒と健康について、女性の飲酒量は一般的に男性の半分から2/3くらいにするのが安全とされているそうです。

生活習慣病のリスクが高まる飲酒量を女性では男性の半分の「一日の純アルコール摂取量20g以上」が望ましく、さらにリスクの少ない飲酒量としては、これより確実に少ない量となる10g程度に抑えることが好ましいそうです。


ただし少量であったとしても妊娠中の女性は飲酒を避けるべきです。

妊娠中の女性が飲酒すると、生まれてくる赤ちゃんに体重の減少・顔面などの奇形・脳の障害など、さまざまな悪影響が出てくる可能性があり、胎児性アルコール症候群と言われています。

詳しくは厚生労働省のホームページで!







posted by 声優社労士 at 11:33| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | メンタルヘルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月22日

高齢女性の多量飲酒は骨密度を減少させ骨粗鬆症や骨折の原因となるそうです。

女性の飲酒と健康についてですが、女性の中で最も多いがんである乳がんも飲酒と関係があるそうです。

乳がんのリスクとして、女性ホルモンや運動不足・肥満など様々な要因が知られていますが、アルコールもそのひとつで飲酒量に比例して乳がんのリスクが直線的に上がるのだとか・・・。

高齢女性で大きな問題となっている骨粗鬆症でも、多量飲酒は骨密度を減少させ骨粗鬆症や骨折の原因となるそうです。

詳しくは厚生労働省のホームページで!





posted by 声優社労士 at 08:04| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | メンタルヘルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月20日

女性は、アルコールの代謝能力も男性の3/4程度しかないそうです。

女性の飲酒と健康についてですが、女性は肝硬変の患者年齢が男性より10歳以上も若く、飲酒量も半分程度であるなど、多くの研究で女性の身体はお酒に弱いことが示されているようです。

この原因のひとつとして、女性では血中アルコール濃度が高くなる傾向があることが考えられているそうで・・・。

血中アルコール濃度はアルコールの代謝能力や体内の水分量に影響されますが、女性は体内の水分量が男性より少ないため、同じ体重・同じ飲酒量であっても血中アルコール濃度が高くなります。

また、アルコールの代謝能力も平均すると男性の3/4程度しかありません。

そのため過度の酩酊のリスク、特に急性アルコール中毒のリスクも高くなります。

詳しくは厚生労働省のホームページで!





posted by 声優社労士 at 08:23| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | メンタルヘルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月19日

女性の飲酒は危険?

女性の飲酒は近年一般的になってきましたが、女性の飲酒には、血中アルコール濃度が高くなりやすい、乳がんや胎児性アルコール症候群などの女性特有の疾患のリスクを増大させる、早期に肝硬変やアルコール依存症になり易いなどの特有の飲酒リスクがあるそうです。

その昔は女性が飲酒することはあまり一般的ではなく、1954年に国税庁が実施した調査によると、女性の飲酒者は全体の13%に過ぎなかったそうな・・・。

それが近年、女性の社会進出とともに女性の飲酒も普通になり、2008年に行われた全国調査では、20代前半の年代ではついに女性が男性を上回ったそうです。

たしかに、最近駅のホームでベロベロに酔った女性を見かけることがあります。

ご注意を!

詳しくは厚生労働省のホームページで!







posted by 声優社労士 at 08:36| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | メンタルヘルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月18日

お酒は二十歳になってから!

若者の飲酒問題に対しては、飲酒禁止年齢が比較的有効とされているようです。

アメリカ合衆国では各州によって異なっていた飲酒禁止年齢を引き上げて21歳に統一したことで若者の交通死亡事故が減少しているとか・・・。

また世界保健機関でも、若者の飲酒問題の対策として飲酒禁止年齢に関する提言がされています。

日本でも「健康日本21」の中で未成年者飲酒をゼロにすることが目標として掲げられています。

一方で近年、成人年齢の引き下げとの兼ね合いで飲酒禁止年齢についても議論が行なわれるようになってきていますが、これは世界の潮流や飲酒問題防止のエビデンスに反するものであり、慎重な議論が必要です。

お酒は二十歳になってから!




posted by 声優社労士 at 08:25| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | メンタルヘルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月17日

若い男性では中年男性に比べて、低い血中アルコール濃度でも死亡交通事故を起こしやすくなる?

若者の飲酒問題ですが、事件・事故につながりやすいということが挙げられます。

スウェーデンで行なわれた調査によると、18歳・19歳時点における週の飲酒量と、その後15年間の全体の死亡率は比例しており、その多くが暴行によるものだそうです。

その他にも若い男性では中年男性に比べて、低い血中アルコール濃度でも死亡交通事故を起こしやすくなるという調査や暴力事件を起こしやすいとする報告など、若者の飲酒は事件・事故につながりやすいことが明らかになっています。

そのため、アメリカ合衆国やニュージーランドなどでは若者の飲酒運転の基準を成人より厳しく設定するなどの対策が行われているそうです。

詳しくは厚生労働省のホームページで!





posted by 声優社労士 at 08:32| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | メンタルヘルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月16日

若年者の飲酒は、脳の萎縮等のリスクを高めるのだ!

アルコール依存症ですが、青年期の飲酒が深く関わっているそうです。

15歳以下からお酒を飲み始めた場合、21歳以上からお酒を飲み始めた場合と比べ、3倍以上アルコール依存症になる確率が上がるという調査や、初飲年齢とその後の問題飲酒との関係を示す調査など、未成年のうちから飲酒しているとアルコール依存症のリスクが高まることが報告されています。

また若いうちにアルコール依存症になると、治療成績の指標である約1年後の断酒率は15%と一般的な断酒率の半分程度であり、同期間内の死亡率も9%と高くなっています これ以外にも若年者の飲酒は、脳の萎縮や第二次性徴の遅れ等のリスクを高めます。

未成年の飲酒は絶対!ダメ!!

詳しくは厚生労働省のホームページで!








posted by 声優社労士 at 11:14| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | メンタルヘルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月15日

新入生歓迎コンパ等で先輩にイッキ飲みを強制され重症の急性アルコール中毒となるケースが後を絶ちません。

アルコール中毒は血中アルコール濃度が上昇によって、運動失調や嘔吐を伴った意識障害が起こり、身体生命に危険が迫った状態を指します。

東京消防庁の調査によると、急性アルコール中毒の搬送者数の約半数が10代〜20代の若者となっているそうです。

若者に急性アルコール中毒が多い理由としては、脳がお酒に慣れていないとか、危険な飲み方を好むことなどが考えられています。

近年は大学等でも問題とされるようになり、イッキ飲み防止の取組も広く行なわれるようになってきましたが、それでも新入生歓迎コンパ等で先輩にイッキ飲みを強制され重症の急性アルコール中毒となるケースも後を絶ちません。

ご注意下さい!

詳しくは厚生労働省のホームページで!





posted by 声優社労士 at 08:20| 神奈川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | メンタルヘルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月13日

若者の飲酒は減少傾向ですが、男女間の飲酒行動の差が減少傾向にあるそうです。

若者の飲酒傾向について

未成年者の飲酒については、1996年から定期的に全国調査が行なわれており、過去1ヵ月間に飲酒経験があると回答した未成年者の割合は確実に減少してきているそうです。

しかし、女性については減少傾向はみられるものの、男性との差が調査ごとに減少し、最近では殆ど消失しています。

また別の調査の結果でも、20代前半では女性の方が飲酒率が高くなるなど、女性の飲酒が大きな問題になりつつあります。




posted by 声優社労士 at 08:33| 神奈川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | メンタルヘルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月10日

さびしいから酒を飲む、することがないから酒を飲む・・・。

前にも書きましたが、高齢者における飲酒問題の原因とは何でしょうか?

飲酒量が増える原因はさまざまでありますが、特に高齢者で認められる現象に退職や配偶者の死をきっかけに、飲酒問題が顕在化することがあるそうです。

かつては身体的・精神的ストレスの調整弁になり、仕事や配偶者の存在で一定量に収まっていた酒が、無節制かつ過度になることで逆に身体的・精神的ストレスを助長する存在となる・・・。

さびしいから酒を飲む、することがないから酒を飲む、こうした酒の飲み方がさらに心と体をむしばむ結果となるのです。

このような酒に「百薬の長」の意味合いはない。




posted by 声優社労士 at 08:25| 神奈川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | メンタルヘルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月08日

高齢者にとって過度の飲酒は健康寿命に関わる病気の強力なリスク因子です。

高齢者の飲酒と健康についてです。

高齢者にとって過度の飲酒は健康寿命に関わる病気の強力なリスク因子です。

特徴として自身の退職や配偶者の死などのライフイベントが飲酒量を増やす原因となります。

生き生きとしたライフスタイルを維持し、「節度ある適度な飲酒」を守ることが大事ですね!

詳しくは厚生労働省のホームページで!







posted by 声優社労士 at 08:06| 神奈川 | Comment(0) | TrackBack(0) | メンタルヘルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月06日

要するに二日酔いになるほど飲まなければいいということか。

私は昔から、二日酔いの原因は血中アセトアルデヒドが増えるからだと思っていましたが、実はそうではないようです。

事実二日酔い状態にあっても、血中にアセトアルデヒドが検出されることは稀なのだとか・・・。

本当に?

もしかすると原因はアセトアルデヒドそのものではなく、その後遺症やメタノール・胃腸症状・酒の不純物なのかもしれません。

要するに二日酔いになるほど飲まなければいいということか。

それができれば、苦労はしないのですがね。

詳しくは厚生労働省のホームページで!





posted by 声優社労士 at 08:28| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | メンタルヘルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月05日

二日酔いは消炎鎮痛剤でなおる?

身体がグダグダになる二日酔いですが、その状態では、体が酸性に傾き二日酔いの重症度と関係があるそうなのです。

また二日酔い状態では、ある種の炎症反応のマーカーが高値になることも報告されており、これは消炎鎮痛薬が二日酔いにある程度効果のあるという根拠になっているのだとか・・・。

詳しくは厚生労働省のホームページで!





posted by 声優社労士 at 08:37| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | メンタルヘルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月04日

抗利尿ホルモンのこの変化量は、二日酔いの重症度と関係がある?

お酒を飲むとトイレが近くなりますよね。

酩酊状態から二日酔い状態になっていく間に尿量を下げる抗利尿ホルモン、尿の排泄や血圧の調整に関係するアルドステロン・レニンなどが大きく変化するのだとか・・・。

例えば抗利尿ホルモンは、酩酊時にその分泌が下がるため尿量が増えて体が脱水傾向になり、二日酔い時には逆にその分泌が増加するそうです。

また、抗利尿ホルモンのこの変化量は、二日酔いの重症度と関係があるみたいです。

詳しくは厚生労働省のホームページで!





posted by 声優社労士 at 08:30| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | メンタルヘルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月03日

二日酔いはアルコール依存症の離脱症状に似ている?

二日酔いの研究によると、二日酔いはアルコール依存症に伴う離脱症状の軽症・短時間版という捉え方があるそうです。

確かに二日酔いに見られる自律神経症状は離脱症状のそれに似ていなくないかもしれません。

しかし脳波検査によると、離脱症状と二日酔いの脳波パターンが違うそうです。

う〜ん、二日酔いの謎は深まるばかりです。

詳しくは厚生労働省のホームページで!





posted by 声優社労士 at 08:37| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | メンタルヘルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月02日

二日酔いは現代人だけじゃない?

二日酔いというのは、現代の病気かと思っていましたが、二日酔いの歴史は古く、すでに旧約聖書にその記述が見られるのだとか・・・。

知らなかった!

しかし、その長い歴史にもかかわらず、二日酔いの定義や診断基準などは未だ示されていないのです。

私を含め、多くの方が経験されていると思いますので、症状を今さら説明するまでもないかもしれませんが、頭痛・胃腸症状・睡眠障害・感覚や認知の障害・うつ気分・自律神経症状など様々です。

あなたはどんな症状ですか?

詳しくは厚生労働省のホームページで!



posted by 声優社労士 at 08:38| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | メンタルヘルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月01日

昨夜は飲み過ぎた!

私も経験のある二日酔いですが、酒の飲みすぎが原因であることは明白なようです。

しかし、ほとんど誰もが知っているあのつらい症状が何故起きるのかについては驚くほど解明されていないようなのです。

有力な説として、軽度の離脱症状・ホルモン異常による脱水や低血糖・体の酸塩基平衡のアンバランス・炎症反応・アセトアルデヒドの影響・酒に含まれるメタノールや不純物など・・・。

私個人の意見ですが、アセトアルデヒドの影響かな?と感じています。

なにしろ、吐く息が臭くなりますからね(笑)。

皆さんも飲み過ぎには注意してください!

詳しくは厚生労働省のホームページで!








posted by 声優社労士 at 08:25| 神奈川 | Comment(0) | TrackBack(0) | メンタルヘルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月29日

平常時では抑えられている脳機能の衝動性や未熟性がアルコールによって賦活された?

アルコールの問題ですが、酔いが進むと感情が不安定になり、人柄が変わったりといったことは見られますが、異質な行為や症状が生じることはなく、犯罪が生じることがあっても、酔いは誘発的な役割にすぎず、完全責任能力が認められるそうです。

複雑酩酊飲酒によって気分の刺激性が高じて、著しい興奮が出現します。持続時間はかなり長く、一時的に鎮まっても興奮が再燃して波状的な経過を辿ることがあります。

平常時では抑えられている脳機能の衝動性や未熟性がアルコールによって賦活されたと考えられます。

重大な情動犯罪や突発的な自殺につながることもしばしばあります。

詳しくは厚生労働省のホームページで!










posted by 声優社労士 at 08:37| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | メンタルヘルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月28日

飲酒行動そのものは本人の自由意志に基づくものなのだよ、明智くん!

あなたの周りに酒乱の人はいませんか?

そう、酔っている時に酒乱と呼ばれる攻撃的・衝動的な状態となり、周囲を困らせてしまうのです。

酔っている時に衝動的な犯罪行為(酩酊犯罪)に至ってしまう人が存在し、酩酊時の犯罪に対する責任能力の問題が司法の場で争論になってきたようです。

さて、米国の全国司法統計の有罪者の約6割が犯行時にアルコールか薬物を使用し、約3割はアルコール単独の使用群であったという報告があるそうでして、酩酊時の犯罪は一般に暴力や性犯罪につながりやすいことが知られています。

最近では、飲酒行動そのものは本人の自由意志に基づくものなので、その結果としての犯罪行為についても「原因においては自由な行為」という考えから、酩酊犯罪の責任能力に関して刑事政策的にかなり厳しい態度がとられる傾向にあります。

みなさん、気を付けてください!

詳しくは厚生労働省のホームページで!







posted by 声優社労士 at 08:28| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | メンタルヘルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月27日

あなたは、お酒を飲むとどうなりますか?

飲酒してアルコール血中濃度に応じた通常の酩酊を単純酩酊と言うそうです。

また一方で、血中濃度に対応しないような著しい興奮や幻覚などの精神症状を伴うような酔い方があり、異常酩酊として区別され、一般的にいう酒乱ですね。

さらに、多くの人が経験しているように酔い方には個人差があり、笑い上戸・泣き上戸などの言葉で、古くより酔い方が様々であることは経験的に知られています。

アルコールが脳機能に作用することによって酔いがもたらされます。

脳機能にどのように作用するかは個人差があるため、酔い方にも個人差が生じてきます。

少量のアルコールで脱抑制が生じて多弁になる人もいますし、すぐにウトウトと眠りに落ちる人もいます。

因みに私は、酔うと寝てしまうほうですね(笑)。

詳しくは厚生労働省のホームページで!









posted by 声優社労士 at 08:16| 神奈川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | メンタルヘルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする