2017年06月16日

アルコール依存症の治療では、心理・社会的治療が大きな役割を果たしているそうです。

アルコール依存症の治療では、心理・社会的治療が大きな役割を果たしているそうです。

まず、代表的な介入法として、認知行動療法・動機づけ面接法・コーピングスキルトレーニングなどがあり、有効性も実証されています。

また、日本でもGTMACKと呼ばれる新しい入院治療プログラムが開発されています。

詳しくは厚生労働省のホームページで!





posted by 声優社労士 at 08:21| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | メンタルヘルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月15日

自助グループへの参加は、断酒の継続に大きく貢献します。

前回も書きましたが、ある障害を持つ者同士が互いに励ましあいながら、その障害を様々な形で克服していくための集団を自助グループと呼ぶそうです。

そして、そのルーツは、1930年代の米国で共にアルコール依存症であった株のディーラーのビルと外科医のボブが、断酒のためのミーティングを行ったのが始まりだとか。

アルコール依存症の回復は、断酒の継続が大原則です。

自助グループへの参加は、断酒の継続に大きく貢献します。

アルコール依存症の治療施設で、患者に自助グループへの参加を強く勧めるのはそのためです。

詳しくは厚生労働省のホームページで!










posted by 声優社労士 at 08:23| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | メンタルヘルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月14日

アルコール依存症の回復は、断酒の継続が大原則!!

とある障害を持つ者同士が互いに励ましあいながら障害を様々な形で克服していくための自助グループというのがあるのを知っていますか?

アルコール依存症の回復は、断酒の継続が大原則です。自助グループへの参加は、断酒の継続に大きく貢献しているそうです。

アルコール依存症の治療施設で、患者に自助グループへの参加を強く勧めるのはそのためです。

いろいろな自助グループが存在するそうですが、日本では断酒会とAAが有名とのことです。

詳しくは厚生労働省のホームページで!







posted by 声優社労士 at 08:29| 神奈川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | メンタルヘルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月13日

アルコール依存症の薬物療法

アルコール依存症の断酒維持のための薬物療法として、抗酒薬(ジスルフィラム・シアナミド)と飲酒欲求を減らす薬(アカンプロサート)があるそうです。

抗酒薬は飲酒後の不快反応を利用して心理的に飲酒を断念する薬、アカンプロサートは脳内に作用して飲酒への欲求を減らすことで断酒を補助する薬だそうです。

どちらの薬もお世話にはなりたくありませんね。

詳しくは厚生労働省のホームページで!





posted by 声優社労士 at 08:21| 神奈川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | メンタルヘルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月10日

私の父も酒が大好きでしたから、必然的に私も酒飲みになったというわけか・・・。

アルコール依存症の原因に遺伝が関係していることをご存知でしたか?

アルコールを分解する酵素の遺伝子による違いが依存症のなりやすさに強く影響するのだそうです。

知りませんでした!

さらに、最近では環境による影響の受けやすさに遺伝が関係していることがわかってきているみたいです。

私の父も酒が大好きでしたから、必然的に私も酒飲みになったというわけか・・・。

詳しくは厚生労働省のホームページで!




posted by 声優社労士 at 08:38| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | メンタルヘルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月09日

未成年のアルコール摂取は絶対ダメ!!

就学している未成年の場合、学業上の問題や学校を大切に考えない姿勢はアルコール問題の危険性を高めます。

また飲酒・喫煙する友人を持つこともアルコール問題の危険性を高めます。

その他、アルコール飲料の価格・入手し易さ・メディアによる宣伝といった環境も未成年者の飲酒問題に影響することが知られています。

詳しくは厚生労働省のホームページで!





posted by 声優社労士 at 07:58| 神奈川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | メンタルヘルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月08日

ニコチン依存とアルコール依存はお互いによく合併することがあるそうです。

依存症の人にはうつ病が多いとされますが、逆にうつ病・不安障害・注意欠陥多動性障害といった精神疾患もアルコール依存症の危険性を高めることが知られています。

その原因として例えばうつ病や不安障害の場合、飲酒によってうつ病や不安障害の症状を緩和しようとするためと説明されますが、飲酒するとかえってうつ病の治りが悪かったり飲酒に関連した問題を起こし易かったりしますので注意してください。

また、ニコチン依存とアルコール依存はお互いによく合併することが知られており、ギャンブルや違法薬物依存等もアルコール依存症の危険性を高めるそうです。

詳しくは厚生労働省のホームページで!






posted by 声優社労士 at 08:46| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | メンタルヘルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月07日

夫婦喧嘩の子供に対する影響、子供に対する身体的・性的虐待、子供の放任を含めた家庭環境もアルコール依存症の危険性に影響するのだとか・・・。

アルコール依存症の親を持つ人はそうではない人と比べて依存症になる確率が4倍高いとされています。

その原因としてまず遺伝があげられますが、それとは別に、親が子供の成人前に飲酒を認めるといった親の飲酒に対する態度や家族間の関係が希薄であることも原因のようです。

さらに、夫婦喧嘩の子供に対する影響、子供に対する身体的・性的虐待、子供の放任を含めた家庭環境も依存症の危険性に影響するのだとか・・・。

単に遺伝だけの問題ではないようです。

詳しくは厚生労働省のホームページで!







posted by 声優社労士 at 08:25| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | メンタルヘルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月06日

飲酒開始が1年遅くなるたびに後にアルコール問題を起こす可能性が4〜5%低下するとも言われているようです。

アルコールの依存問題ですが、男女関係なく飲酒を開始する年齢が早いほど依存症になる危険性が高いことが知られているようです。

飲酒開始が1年遅くなるたびに後にアルコール問題を起こす可能性が4〜5%低下するとも言われます。

さらに生まれる前、お母さんのお腹の中にいる間にお母さんが飲酒して胎児期にアルコールに曝露された場合は成長期や成人後に攻撃的な行動・うつ病・不安・アルコールを含めた薬物問題が発生する危険性を高めるのだとか・・・。

怖いですね。

また、逆に最近では高齢でアルコール依存症になる人が増えていますが、退職や大切な人との死別などの出来事がきっかけになることも多いようです。

詳しくは厚生労働省のホームページで!





posted by 声優社労士 at 08:26| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | メンタルヘルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月05日

以前からアルコール依存症が中年の男性に多いことはよく知られていましたが、最近は若い女性の依存症が増えています。

アルコール依存症は男女に関係なく、また年齢もさまざまな病気のようです。

以前から依存症が中年の男性に多いことはよく知られていましたが、最近は若い女性の依存症が増えています。

発症する年齢については、男性の方が女性より若いという意見と性差はないという意見があります。

しかし、習慣的に飲酒を始めて依存症になるまでの期間は女性の方が短く、女性は男性より早く依存症になりやすいそうです。

その原因として女性のほうが同じ飲酒量でも血中濃度が高くなりやすいこと、女性の方が男性より飲酒による肝障害やうつなどの精神科合併症を起こしやすいので飲酒問題が発見されやすいことなどが考えられます。

詳しくは厚生労働省のホームページで!






posted by 声優社労士 at 08:49| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | メンタルヘルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月03日

アルコール依存症の危険因子について

アルコール依存症の危険因子には

1、女性の方が男性より短い期間で依存症になる

2、未成年から飲酒を始めるとより依存症になりやすい

3、遺伝や家庭環境が危険性を高める

4、家族や友人のお酒に対する態度や地域の環境も未成年者の飲酒問題の原因となる

5、うつ病や不安障害などの精神疾患も依存症の危険性を高める

といったことが知られています。





詳しくは厚生労働省のホームページで!





posted by 声優社労士 at 08:34| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | メンタルヘルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月02日

アルコール依存症になってしまったら、回復するための方法は一つしかありません。それは「断酒」することです。

アルコール依存症から回復するための唯一の方法は、断酒=一滴も飲まないことです。

飲酒問題を認めない「否認」を克服することが回復への第一歩です。

自分で飲酒問題に気付くため、家族があまり手助けしすぎない方が良いこともあります。

専門医療期間への受診や自助グループへの参加が回復を助けます。

詳しくは厚生労働省のホームページで!






posted by 声優社労士 at 08:24| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | メンタルヘルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月01日

アルコール依存症の人は、静かに酒を飲んでいる?

アルコール依存症と、酔ったときに問題を起こすということとは異なるそうです。

酔ったときに問題を起こすのは「酒乱」であって、依存症とは違います。

酔ったときにいくら問題を起こしたとしても、たまにしか飲酒しない人はアルコール依存症ではありません。

逆に酔ったときに周りに迷惑をかけなくても、飲酒がコントロールできなければアルコール依存症といえます。

むしろほとんどのアルコール依存症の人は、静かに酒を飲んでいるものです。

なるほど!

詳しくは厚生労働省のホームページで!





posted by 声優社労士 at 08:22| 神奈川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | メンタルヘルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月31日

自分では飲酒をコントロールできなくなってしまう・・・。

飲酒量が増えてくると、うつ病などの精神的な影響、事故に巻き込まれやすくなるなど、問題は様々なものがあります。

そしてアルコール依存症になると、そのような問題があるとわかっていながら、自分では飲酒をコントロールできない状態になっており、酒を減らしたり止めたりできなくなってしまいます。

詳しくは厚生労働省のホームページで!






posted by 声優社労士 at 08:15| 神奈川 | Comment(0) | TrackBack(0) | メンタルヘルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月30日

出勤時のアルコール臭・・・。

飲酒による問題は、様々な問題があります。

まず肝臓や膵臓、脳・神経などの様々な臓器に悪影響を及ぼします。

さらに仕事に影響がでることも大きな問題の一つです。

飲酒のせいで遅刻や欠勤をした、頭が働かず仕事の効率が落ちた、朝に酒のにおいを指摘されたといった問題は飲酒の問題の代表的なものです。

また家族との関係も悪化していきます。

妻・夫・子供の信用を失い、関係がギクシャクし、その結果さらにストレスをためて酒に逃げるようになります。

最悪のパターンですね。

詳しくは厚生労働省のホームページで!




posted by 声優社労士 at 08:20| 神奈川 | Comment(0) | TrackBack(0) | メンタルヘルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月29日

飲酒をしていれば、誰もが依存症になる可能性がある?

どこからがアルコール依存症で、どこまでが普通の酒飲みか・・?

こういう線引きは、はっきり出来ないのが現実のようです。

しかし、アルコールが依存性のある薬物の一種である以上、飲酒をしている人は誰でも依存症の回路がゆっくりと脳の中で作られていきます。

つまり飲酒をしていれば、誰もが依存症になる可能性があるということです。

アルコール依存症はゆっくりと進行していくため、依存が作られている途中では自分では気付きませんが、しまいには飲酒によって問題があるにもかかわらず、飲酒をコントロールできなくなります。

そのコントロールできない状態がアルコール依存症なのです。

詳しくは厚生労働省のホームページで!





posted by 声優社労士 at 08:26| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | メンタルヘルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月27日

不眠・発汗・手のふるえ・血圧の上昇・不安・いらいら感?

アルコールと依存についてですが、耐性・精神依存が形成され、長年ある程度の量の飲酒を習慣的に続けていると、しまいには身体依存になってしまうそうです。

身体依存とは、文字通り酒が切れると身体の症状が出ることで、酒を止めたり減らしたりしたときに、離脱症状と呼ばれる症状が出現するようになります。

代表的な離脱症状としては、不眠・発汗・手のふるえ・血圧の上昇・不安・いらいら感などがあり、重症の場合は幻覚が見えたり、けいれん発作を起こしたりすることもあります。

酒を止めるとこのような症状が出現してしまうので、症状を止めるためにまた飲酒するという悪循環となり、ますます酒を止めることが難しくなります。

詳しくは厚生労働省のホームページで!




posted by 声優社労士 at 08:20| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | メンタルヘルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月26日

酒が切れてしまうと家の中を探したり、わざわざ出かけて買いに行くような行動が現れたら・・・。

アルコールと依存の問題ですが、習慣的に飲酒していると、まず耐性が形成されるのだそうです。

耐性とは同じ量の飲酒でもあまり効かなくなってくることで、いわゆる「酒に強くなってきた」状態で、少量の飲酒ではあまり効果がなくなり、同じ効果を求めて徐々に酒量が増加していきます。

そして、精神依存という症状が現れます。

精神依存とは簡単に言うと「酒が欲しくなる」ことです。

酒がないと物足りなくなり飲みたいという欲求を感じるようになります。さらに精神依存が強くなると、酒が切れてしまうと家の中を探したり、わざわざ出かけて買いに行くような行動が現れます。

詳しくは厚生労働省のホームページで!





posted by 声優社労士 at 08:21| 神奈川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | メンタルヘルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月25日

アルコール依存症は酔って問題を起こすこととは異なります。

アルコールは、麻薬・覚せい剤・タバコ・睡眠薬などと同じく、依存性のある薬物の一種です。

飲酒を続け、耐性・精神依存・身体依存が形成され、飲酒のコントロールができなくなる状態がアルコール依存症なのです。

アルコール依存症になると、身体・仕事・家族関係などの様々な問題が起きます。

アルコール依存症は酔って問題を起こすこととは異なります。

詳しくは厚生労働省のホームページで!





posted by 声優社労士 at 08:18| 神奈川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | メンタルヘルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月24日

女性のアルコール依存症は昔はまれでしたが年々増加し、いまでは依存症全体の約2割を占めると推測されています。

女性のアルコール依存症には、

1、短期間で依存症となり、患者年代のピークが30代と若いこと
2、摂食障害やうつ、自殺未遂など様々な精神的問題を抱えていることが多いこと
3、配偶者の大量飲酒や家庭内暴力など、環境に大きく影響されること
4、自責感が強い
などの特徴があるそうです。

また、少量でも飲酒すれば短期間で元の飲みかたに戻ってしまうため、完全に断酒することが必要です。

女性のアルコール依存症は昔はまれでしたが年々増加し、いまでは依存症全体の約2割を占めると推測されています。

そのため断酒教育と並行して「家族関係の調整」「うつ病などの重複障害の治療」「自己効力感の向上」などにも焦点を当てた介入や治療が必要なのです。

詳しくは厚生労働省のホームページで!







posted by 声優社労士 at 06:56| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | メンタルヘルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする