2017年08月02日

メタボリックシンドロームの状態をそのままにしておくと、動脈硬化が年齢相応よりも速く進行してしまうのですよ!

メタボリックシンドロームについてですが、メタボは複数の異常が重なっているので、さぞかしいろいろな症状が現れるように思われがちです。

でも実は、自覚症状は少なく、血圧や血糖値、血清脂質(中性脂肪やコレステロール)といった検査値も、それほど悪くないことが少なくないのです。

そのため、「まぁ、いいか」と、つい放置してしまいがち・・・。

しか〜し、メタボリックシンドロームの状態をそのままにしておくと、動脈硬化が年齢相応よりも速く進行してしまうのですよ!

ご注意下さい!

詳しくは厚生労働省のホームページで!







posted by 声優社労士 at 08:41| 神奈川 ☁| Comment(0) | メンタルヘルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月31日

何事も油断は禁物!

さて、民間の開発したロケットの発射実験が行われました。

大成功とまでは行きませんでしたが、それなりのデータを残してくれたようです。

さて、今回は無人でしたが有人でしたら失敗は許されません。

失敗と言えば、過去にアメリカでチャレンジャー号が、Oリングという部品一つの不良のために爆発し乗組員全員が死亡した事故がありました。

たった一つの部品のために、全体がダメになってしまう。

それを見逃したのは人間です。

慎重に検査していれば見逃さなかったはずが、大丈夫だろう、きっとうまくいくなどと安易に過信していたのでしっぺ返しを食らってしまったのです。

何事も油断は禁物、なのですよ!




posted by 声優社労士 at 08:50| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | メンタルヘルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月29日

内臓脂肪型肥満は、高血圧、糖尿病、脂質異常症をもたらし、動脈硬化などのリスクを増大させる悪性の肥満で、メタボリックシンドロームの主役です!

厚生労働省のHPによると、メタボリックシンドロームは、食べ過ぎや運動不足という生活習慣の乱れから始まり、肥満、とくに“内臓脂肪”が蓄積して生じるのだそうです。

内臓のまわりに脂肪がたまる「内臓脂肪型肥満」は、食べ過ぎや運動不足などにより、大量の脂肪を含んで大型化した脂肪細胞が、お腹の臓器の間にある腸間膜などに蓄積された状態です。

腰まわりやお尻、太ももなどの下半身を中心にたまる“皮下脂肪”の脂肪細胞からは、動脈硬化を抑制し、インスリン抵抗性を減少させる物質も分泌されていますが、“内臓脂肪”の脂肪細胞からはこれらの分泌が少なく、逆に高血圧や高血糖、脂質異常症(高脂血症)など、動脈硬化のリスクを高める複数の物質が多く分泌されます。

このため、「内臓脂肪型肥満」は、高血圧、糖尿病、脂質異常症(高脂血症)をもたらし、動脈硬化などのリスクを増大させる悪性の肥満で、メタボリックシンドロームの主役とされているのです。

あなたのお腹は大丈夫ですか?




posted by 声優社労士 at 08:31| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | メンタルヘルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月21日

国民に嫌われてもいい、我が道を行く!という政治家に国民は意気を感じるのだ。 国民に嫌われてもいい、我が道を行く!という政治家に国民は意気を感じるのだ。

一強と言われていた安倍内閣の足元が揺らぎ始めているそうです。

例の獣医学部の問題から、稲田防衛大臣の問題で説明責任を果たしていないということのようです。

さて、人というのは、うまくいっている時は同じ行動を繰り返す特徴があるそうです。

しかし、問題が起きた時に前と同じ行動をとっていたのでは、さらに問題が大きくなる場合がある。

例えば問題の先送り。

これは、問題に正面から立ち向かうのではなく逃げることです。

逃げることで得られるものといったら、いったいなんでしょうか?

得られるものよりも失うもののほうが多いように私は感じます。

政策でも何でも正面から立向かって失敗してもいいんです。

正々堂々と戦って負けたのなら国民も納得します。

一番いけないのは、負けたらどうしようと戦いもせず、弁解ばかりすること。

国民に嫌われたくない、嫌われたくないとね。

国民に嫌われてもいい、我が道を行く!という政治家に国民は意気を感じるのだ。





  歯の病気は先送りししてはダメですよ!(笑)。
ラベル:安倍内閣
posted by 声優社労士 at 08:45| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | メンタルヘルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月17日

基本的に私はひねくれているのでそう簡単には騙されませんが(笑)。

「地球上で最大の権力を持つ組織はメディアだ

奴らは無実の者に罪を着せ、罪深き者を無実にする力を持つ

これこそが権力だ

奴らは大衆の心を操っている」

アメリカの黒人公民権運動活動家であるマルコムXの言葉です。

さて、とあるTVのニュース番組で印象操作が行われているのでは?とネットで話題になったそうです。


私も偶然その番組を見ていたのですが、見ていてなんか不快な気分になったのは事実です。

ピクシブ百科事典によると、印象操作は特定の人物および事象を第三者に対して自分の都合のいいように見せることであり、基本的には歪曲した印象を相手に与えようとする事だそうで・・・。

なんでも信じやすい人が見たら、すぐに騙されてしまいますね。

基本的に私はひねくれているのでそう簡単には騙されませんが(笑)。

う〜ん、私たちは、メディアに操られる愚かな人間なのでしょうか?




posted by 声優社労士 at 08:39| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | メンタルヘルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月13日

心筋梗塞や脳梗塞の原因となる動脈硬化を急速に進行させてしまう状態って?

「メタボリックシンドローム」は、「内臓脂肪症候群」とも呼ばれ、複数の病気や異常が重なっている状態で、腸のまわり、または腹腔内にたまる「内臓脂肪の蓄積」によって、高血圧や糖尿病、脂質異常症(高脂血症)などの生活習慣病の重なりが起こっていることを示しているそうです。

そして、この状態は、心筋梗塞や脳梗塞の原因となる動脈硬化を急速に進行させてしまうのだとか・・・。

つまり、それぞれの病気の診断基準を満たさない“予備群”や“軽症”の状態であっても、それらが2つ3つと複数重なっている場合は、動脈硬化の進行予防という観点から“すでに手を打たなければならない状態”として捉える、ということが「メタボリックシンドローム」の考え方なのです。

恐ろしいですね!

詳しくは厚生労働省のホームページで!





posted by 声優社労士 at 08:17| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | メンタルヘルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月12日

ストレスを受けることで、体調をくずすだけでなく、気持ちが不安定になることは誰でも経験することです。

だから、自分のストレスサインを知っておきたいものです。

つらくて食欲がない、気持ちが落ち着かなくて眠れない夜を過ごすこともあると思います。

こうした症状があるからといって、こころの病気というわけではありません。

しかし、こうしたサインが出ていながら、これまでと同じようにストレスを受け続けていると、こころも体も悲鳴をあげて、さらに調子をくずしてしまいます。

そして、こころの病気にかかってしまうこともあるのですよ!

詳しくは厚生労働省のホームページで!





posted by 声優社労士 at 08:24| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | メンタルヘルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月11日

四重奏のメロディが聞こえて来たら、死神がそばに来ているのかもしれません!

死の四重奏とは、1989年にアメリカで提唱された概念で、上半身肥満・糖代謝異常・高中性脂肪血症・高血圧の4つが重なり、冠動脈疾患が起きやすい状態のことをいうそうです。

メタボリックシンドロームの概念のいわば前身で、上半身肥満・糖代謝異常(糖尿病)・高中性脂肪血症(高脂血症)・高血圧が合併した状態を指します。

1989年にアメリカの研究者カプラン(Kaplan NM)によって提唱され、冠動脈疾患による死亡率が高く、まさに死の序曲を奏でるという意味合いから「死の四重奏(The Deadly Quartet)」と呼ばれました。

このメロディが聞こえて来たら、死神がそばに来ているのかもしれません!

詳しくは厚生労働省のホームページで!






posted by 声優社労士 at 10:45| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | メンタルヘルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月10日

うれしいことも楽しいこともストレスの原因になる?

ストレスと聞くと、嫌なことやつらいことを連想される方が多いかもしれませんが、実はうれしいことも楽しいこともストレスの原因になります。

そもそもストレスとは、外部から刺激を受けたときに生じる緊張状態のことです。

外部からの刺激には、天候や騒音などの環境的要因、病気や睡眠不足などの身体的要因、不安や悩みなど心理的な要因、そして人間関係がうまくいかない、仕事が忙しいなどの社会的要因があります。

つまり、日常の中で起こる様々な変化=刺激が、ストレスの原因になるのです。

ゆえに、進学や就職、結婚、出産といった喜ばしい出来事も変化=刺激ですから、実はストレスの原因になります。

詳しくは厚生労働省のホームページで!





posted by 声優社労士 at 13:10| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | メンタルヘルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

こころの病気を正しく理解してください。

こころの病気は、本人が苦しんでいても、周囲からはわかりにくいという特徴があります。

私たちは、病気や怪我をした人には「無理はしないでね」と、自然に声をかけることができます。

骨折をしている人に、重い荷物を運ぶことは頼まないでしょう。しかし、こころの病気の場合は、気づかないうちに無理なことをさせたり、傷つけたり、病状を悪化させているかもしれません。

私たちみんながこころの病気を正しく理解することはとても大切なのです。

詳しくは厚生労働省のホームページで!





posted by 声優社労士 at 08:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | メンタルヘルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月08日

メタボリック ドミノという考え方が注目されているのをご存知ですか?

メタボリック ドミノとは、さまざまな病気が一度に起きるのではなく、まるでドミノ倒しのように発症していくことを表現しています。

食べ過ぎや飲みすぎ、運動不足などによる生活習慣の乱れから、体重増加・肥満となる。

血糖を下げる役目をするインスリンの働きが低下した状態からメタボリックシンドロームに。

高血糖・高血圧・高脂血症などの生活習慣病から、動脈硬化・糖尿病、そして脳卒中・脳梗塞・心筋梗塞などの重大な病気に!

このようにならないためにも、最初のドミノを倒さないようにすることが大事なのです。

最初のドミノを倒さないためにも、生活習慣の改善が重要となります。

食生活の見直しや運動不足の解消で、予防したいものです。





詳しくは厚生労働省のホームページで!


posted by 声優社労士 at 08:38| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | メンタルヘルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月19日

☆マイナス思考というのは、一度悪いことを考えると勝手に膨れ上がるようです。

先日TVで、運・不運について特集していました。

不運になる人は、何事にも慎重でいいのですが、行きすぎるとマイナス思考になってしまうみたいですね。

そういう私も行動には慎重になるほうで、知らないうちにマイナス思考になっていると感じる時があります、ははは。

このマイナス思考というのは、一度悪いことを考えると勝手に膨れ上がるようで止めることはなかなか難しい。

だから、何も考えない時間が必要なのだと思います。

あなたも、ボーっとする時間を作ってみては?

隣にいる幸せに気づくかもしれませんよ!

posted by 声優社労士 at 08:15| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | メンタルヘルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月10日

☆私の父も酒が大好きでしたから、必然的に私も酒飲みになったというわけか・・・。

アルコール依存症の原因に遺伝が関係していることをご存知でしたか?

アルコールを分解する酵素の遺伝子による違いが依存症のなりやすさに強く影響するのだそうです。

知りませんでした!

さらに、最近では環境による影響の受けやすさに遺伝が関係していることがわかってきているみたいです。

私の父も酒が大好きでしたから、必然的に私も酒飲みになったというわけか・・・。

詳しくは厚生労働省のホームページで!




posted by 声優社労士 at 08:38| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | メンタルヘルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月01日

☆アルコール依存症と酒乱はイコールではない。

アルコール依存症と、酔ったときに問題を起こすということとは異なるそうです。

つまり、酔ったときにいくら問題を起こしたとしても、たまにしか飲酒しない人であればアルコール依存症ではない・・・。

逆に酔ったときに周りに迷惑をかけなくても、飲酒がコントロールできなければアルコール依存症なのだとか。

むしろ、ほとんどのアルコール依存症の人は、静かに酒を飲んでいるものです。

なるほど!

詳しくは厚生労働省のホームページで!


posted by 声優社労士 at 08:22| 神奈川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | メンタルヘルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月30日

☆酒に逃げちゃいけないよ!

飲酒による問題は、様々な問題があります。

まず肝臓や膵臓、脳・神経などの様々な臓器に悪影響を及ぼします。

さらに仕事に影響がでることも大きな問題の一つです。

飲酒のせいで遅刻や欠勤をした、頭が働かず仕事の効率が落ちた、朝に酒のにおいを指摘されたといった問題は飲酒の問題の代表的なものです。

また家族との関係も悪化していきます。

妻・夫・子供の信用を失い、関係がギクシャクし、その結果さらにストレスをためて酒に逃げるようになります。

最悪のパターンですね。

詳しくは厚生労働省のホームページで!


posted by 声優社労士 at 08:20| 神奈川 | Comment(0) | TrackBack(0) | メンタルヘルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月29日

☆飲酒をしていれば、誰もが依存症になる可能性がある?

どこからがアルコール依存症で、どこまでが普通の酒飲みか・・?

こういう線引きは、はっきり出来ないのが現実のようです。

しかし、アルコールが依存性のある薬物の一種である以上、飲酒をしている人は誰でも依存症の回路がゆっくりと脳の中で作られてゆくのだとか・・・。

つまり飲酒をしていれば、誰もが依存症になる可能性があるということ。

アルコール依存症はゆっくりと進行していくため、依存が作られている途中では自分では気付きませんが、しまいには飲酒によって問題があるにもかかわらず、飲酒をコントロールできなくなります。

そのコントロールできない状態がアルコール依存症なのです。

詳しくは厚生労働省のホームページで!


posted by 声優社労士 at 08:26| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | メンタルヘルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月06日

☆要するに二日酔いになるほど飲まなければいいということか。

私は昔から、二日酔いの原因は血中アセトアルデヒドが増えるからだと思っていましたが、実はそうではないようです。

事実二日酔い状態にあっても、血中にアセトアルデヒドが検出されることは稀なのだとか・・・。

本当に?

もしかすると原因はアセトアルデヒドそのものではなく、その後遺症やメタノール・胃腸症状・酒の不純物なのかもしれません。

要するに二日酔いになるほど飲まなければいいということか。

それができれば、苦労はしないのですがね。

詳しくは厚生労働省のホームページで!


posted by 声優社労士 at 08:28| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | メンタルヘルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月01日

☆昨夜は飲み過ぎた!

私も経験のある二日酔いですが、酒の飲みすぎが原因であることは明白なようです。

しかし、ほとんど誰もが知っているあのつらい症状が何故起きるのかについては驚くほど解明されていないようなのです。

有力な説として、軽度の離脱症状・ホルモン異常による脱水や低血糖・体の酸塩基平衡のアンバランス・炎症反応・アセトアルデヒドの影響・酒に含まれるメタノールや不純物など・・・。

私個人の意見ですが、アセトアルデヒドの影響かな?と感じています。

なにしろ、吐く息が臭くなりますからね(笑)。

皆さんも飲み過ぎには注意してください!

詳しくは厚生労働省のホームページで!


posted by 声優社労士 at 08:25| 神奈川 | Comment(0) | TrackBack(0) | メンタルヘルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月20日

☆飲んだら乗るな!

飲酒運転による悲惨な事故が後を絶ちません!

アルコールは運転に必要な技術や行動に対して極めて低い血中濃度から影響を与え、血中濃度が高くなればその分影響も強くなることが知られています。

例えば集中力・多方面への注意・反応時間などは、日本の道路交通法により検挙される濃度(血中濃度0.03%)より低い濃度から障害されるのです!!

当然のことながら素面(しらふ)の状態よりアルコールの存在下の方が技術が向上するという証拠は全くありません。

飲んだら乗るな!


posted by 声優社労士 at 08:41| 神奈川 | Comment(0) | TrackBack(0) | メンタルヘルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月18日

☆飲酒に関連した様々な暴力を防止するためには、その原因となっている飲酒を控えることが大切です。

児童虐待と同様に高齢者への虐待も近年社会問題化しており、これをうけて平成18年には高齢者虐待防止法が施行されましたが、虐待は増え続けています。

高齢者虐待の加害者側のリスク要因としても、養護者の飲酒・酩酊およびアルコール乱用・依存症が挙げられます。

また、その一方で高齢者の介護疲れから飲酒量が増え、アルコール乱用・依存症へと進行する事例も相当数に上ると考えられます。

飲酒に関連した様々な暴力を防止するためには、その原因となっている飲酒を控えることが大切です。

飲酒による暴力はアルコール関連問題のひとつであり、アルコール乱用やアルコール依存症が背景にある場合には、それらに対する適切な治療が必要なのです。

詳しくは厚生労働省のホームページで!

posted by 声優社労士 at 08:38| 神奈川 | Comment(0) | TrackBack(0) | メンタルヘルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする