2021年02月24日

借金地獄で首が回らなくなる日が来るのはいつの日か・・・。

韓国の企画財政部が先日、2020会計年度の歳入と歳出を決算した結果、9兆4000億ウォンの黒字だった、どうだすごいだろ!と朝鮮系のネットニュースで報じていました。

昨今の中共ウィルスが蔓延する中で韓国が黒字?おかしいなと思っていたら案の定、黒字にはからくりがありました。

というのも、100兆ウォンを超える赤字国債を歳入に含めていたからです。

家計の話に例えれば、サラ金から借りた金が預金通帳にあるから黒字だ!といっているようなものです。

韓国では昨年から赤字国債の発行規模が2018年の15兆ウォンからはじまり、2019年は約34兆ウォン、2020年は100兆ウォンとうなぎのぼりになっているとか。

日本も赤字国債では韓国を笑えませんが、一応日本の円は基軸通貨で信用がありますからね。

そういう私も日本の国債をチョコッと買っています(笑)。

さらに韓国は米韓通貨スワップでアメリカドルを大量に市場投入しています。

借金地獄で首が回らなくなる日が来るのはいつの日か・・・。

「反日」異常事態 (扶桑社新書) [ シンシアリー ]

価格:968円
(2021/2/11 08:11時点)
感想(0件)



posted by 声優社労士 at 10:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: