2021年02月23日

韓国検察は、どこまでムン大統領に近づけるんでしょうか?

韓国で、月城原子力発電所の経済性評価のねつ造で、韓国検察が白雲揆元長官の逮捕状を請求したと朝鮮系のネットニュースで報じていました。

前に、ムン大統領の脱原発政策で月城原子力発電所が閉鎖されることになったと書きましたが、その続編です。

まだまだ現役で使える原発なのにムン大統領に忖度して経済性評価をねつ造し廃炉に追い込んだのが、この白雲揆元長官のようです。

やれやれ。

検察はねつ造を支持したのが韓国政府だとうことで捜査を進めているようですが・・・。

これも前にも書きましたが、政府関係者は「現場が勝手にやったことだ」とトカゲの尻尾きりで逃げるだけ。

韓国検察は、どこまでムン大統領に近づけるんでしょうか?

見ものです。

「反日」異常事態 (扶桑社新書) [ シンシアリー ]

価格:968円
(2021/2/10 09:02時点)
感想(0件)




posted by 声優社労士 at 10:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: