2021年02月16日

いいじゃないですか、隣の国で。

韓国の産業通商資源部が2018年の4・27南北首脳会談直後に北朝鮮に対して原子力発電所を建てる案を検討した文書が多数見つかったと朝鮮系のネットニュースで報じていました。

ムン大統領は、4・27南北首脳会談でキム・ジョンウンに韓半島新経済構想を収めた冊子などを渡した時に原発についても話したみたいですね。

韓国国内では脱原発を叫び、正常に動いている月城原発1号機を早期に閉鎖、ところが裏では、国民の血税で北朝鮮に原発をプレゼントしようとしていたというわけだ。

この批判に対しムン政権は、「事実と異なる、世を惑わし人を欺く主張」とコメント、さらには「それでなくとも民生が厳しい状況で、捨てるべき旧時代の遺物のような政治で対立をあおり政治を後退させないよう望む」と発言したとか。

韓国国内だけでなく日本を惑わし欺き、対立を煽っているのはムン大統領、あなたでは?といいたいです。

そんな中、韓国が国防白書で日本を格下げしたとニュースになってます。

「パートナー」から「隣国」に替ったとね。

「隣国」とは隣の国ということです。

いいじゃないですか、隣の国で。

別に仲良くしようとも思わない。

「反日」異常事態 (扶桑社新書) [ シンシアリー ]

価格:968円
(2021/2/3 08:06時点)
感想(0件)



posted by 声優社労士 at 10:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: