2021年01月23日

当たり前のことができないのが韓国。

韓国ヒュンダイ自動車の高級車ジェネシスに韓国製タイヤ装着を求める業界団体の提言に対して「品質が・・・」と答えたと朝鮮系のネットニュースで報じていました。

韓国ヒュンダイ自動車は高級感を出すために、ジェネシスの新車にピレリやミシュランなどの輸入タイヤを使用している。

それが韓国タイヤメーカー業界団体としては気にくわないのだろう。

なぜ、自国のメーカーのタイヤを使わないのか!とね。

で、韓国タイヤメーカーは外国製タイヤは高額なので消費者に選ばせるべきだ!と主張。

これに対し韓国ヒュンダイ自動車は「品質、価格、消費者の希望などを総合的に判断しているとコメントしていますが、過去に国産タイヤを使ったために品質問題をおこしてイメージダウンしたことがあるため慎重になっているようです。

まぁ、自動車メーカーとしては自社の車が事故を起こすことは絶対に避けたいのでいいものを使いたいと考えるのは当たり前です。

さらに韓国タイヤメーカーも、韓国ヒュンダイの高級車に使ってもらいたいなら、海外のタイヤに負けないタイヤを作ることに努力することが当たり前だと思うのですが・・・。

その当たり前のことができないのが韓国なんですね。

「反日」異常事態 (扶桑社新書) [ シンシアリー ]

価格:968円
(2021/1/9 08:56時点)
感想(0件)




posted by 声優社労士 at 10:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: