2021年01月19日

今年も反日が盛んな韓国です。

開店日に20億ウォン売上を上げたユニクロ韓国明洞中央店が閉店になると朝鮮系のネットニュースで報じていました。

開店当時はニューヨーク5番街店に次ぐ世界2番目に大きいフラッグシップストアとして注目を集めたが、一昨年から始まった日本製品不買運動や中共ウィルスの影響で明洞の商圏自体が落ち込んだためのようです。

さて、一昨年の7月から始まった日本製品不買運動ですが、昨年末の韓国世論調査でも、59.9%の人が日本製品不買運動を積極的に支持するという結果になっていて、相変らず「反日」は盛んです。

その証拠に、プサンの市民団体が、慰安婦合意が締結されて5年が過ぎたが、日本は何の謝罪もしないとして日本政府を糾弾しています。

パクネ政権の時に10億円も拠出し当時の安倍総理も謝罪したのに、何をほざいているんでしょうかね。

さらに韓国外交部までもが、慰安婦問題の解決には日本の自発的な謝罪や反省精神に応じる行動が大事だと発言。

完全に日本を怒らせる行動です。

それなのに、韓日両国議員連盟が今月日本の東京で合同セミナーを開いて韓日関係改善方案を議論するとか?

ふざけるな!

さらには、米韓通貨スワップ6カ月延長したのに、日韓通貨スワップは再開もできていない、どうして?と朝鮮系のネットニュースで報道。

お前ら、馬鹿か!

日本を怒らせておいて、日韓通貨スワップを再開しろだと!

開いた口が塞がらないとはこのことだ!

「反日」異常事態 (扶桑社新書) [ シンシアリー ]

価格:968円
(2021/1/6 09:19時点)
感想(0件)




posted by 声優社労士 at 09:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: