2021年01月18日

新生児数が死者数を下回る「人口のデッドクロス」の韓国。

韓国における昨年の住民登録人口が統計開始以来はじめて自然減少に転じたと朝鮮系のネットニュースで報じていました。

要するに、死者数が新生児数を上回ったということで「人口のデッドクロス」の状態だそうです。

韓国における昨年の人口は2万人減の5183万人で、国民の4人に1人が60歳以上となったということで、少子高齢化が加速的に進んでいるということでしょう。

韓国の行政安全部によると、新生児数は2017年に初めて40万人を下回り、それからわずか3年後には30万人をも下回り、専門家の予測よりもはるかに早いペースとのこと。

さらには高齢化も進み、昨年の60歳以上人口はおよそ1244万人で韓国の人口全体の24%にもなるとか・・・。

日本の少子高齢化を馬鹿にしていた韓国ですが、韓国の方が先に少子高齢化を達成しそうです。

良かったですね、日本に勝てて!

少子高齢化、マンセー!

「反日」異常事態 (扶桑社新書) [ シンシアリー ]

価格:968円
(2021/1/4 08:44時点)
感想(0件)




posted by 声優社労士 at 10:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: