2020年09月17日

キャンセル・コリア。

フィリピンのネットユーザーがツイッターで「#CancelKorea」というハッシュタグを付けたコメント等を広めて反韓運動を展開していると朝鮮系のネットニュースで報じていました。

事の発端はフィリピンSNSのインフルエンサーと言われる方が最近左腕に入れた旭日旗模様のタトゥーをSNSで公開したことが原因のようです。

この旭日旗模様のタトゥーに韓国ネットユーザーが反応し非難、フィリピンSNSのインフルエンサーさんは旭日旗の歴史的背景を知らなかったとして謝罪し騒動は沈静化したように見えました。

ところが一部の韓国ネットユーザーが「貧しいフィリピン人は小さく、学がないので無知だ」「心が狭い」など人種差別的なコメントを入れて事態が一変しフィリピンで反韓運動が過熱したということのようです。

韓国では自分より下の人たちには何をしてもいいという習慣がありますからね。

その証拠に韓国で働く外国人労働者は奴隷のように働かされているとか。

日本に対しイアンフガー!チョウヨウコウガー!ジンケンガー!と叫ぶ韓国人の裏の顔です。




posted by 声優社労士 at 09:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: