2020年07月11日

アベガー!アベガー!と叫ぶ日本の野党が可愛く思えます。

韓国放送局KBSの理事解任訴訟でカン・ギュヒョン明知大教授が勝訴したが、個人が巨大権力と戦うことは無理だと語ったと朝鮮系のネットニュースで報じていました。

なぜ解任となったかというと、ムン政権の放送掌握に異議を唱えたからだ。

また、ムン政権は与党幹部であるユ・ジェス元釜山市副市長に対する監察もみ消しを告発した公務員を不正行為の被疑者として起訴したという。

ムン政権に楯突く奴らは全て罪人にされるということか。

ムン政権が口にする「人間優先」「民主」「人権」というのは自分たちのいうことを聞く者たちだけに当てはまるようである。

でも、これって中国共産党のやり方に似ていますね。

韓国は中国による香港侵略に異議を唱えていませんし。

これからもっと国内での言論弾圧に傾いていくんでしょうね。

アベガー!アベガー!と叫ぶ日本の野党が可愛く思えます。

なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか 韓国人による日韓比較論 (扶桑社新書) [ シンシアリー ]

価格:968円
(2020/7/8 08:31時点)
感想(0件)


posted by 声優社労士 at 09:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: