2020年07月04日

韓国政府は「ケンチャナヨ」と楽観的。

韓国ムン大統領が、先日ソウル空港で開催された「6・25戦争70周年行事」の記念の辞で「わが民族が戦争の痛みを経験している間、逆に戦争特需を享受した国々もあった」として国々と言っても事実上日本を狙ったとも取れる発言をしたと朝鮮系のネットニュースで報じていました。

要するに、日本は朝鮮戦争で金儲けをした!非道国だ!と言いたかったのでしょう。

さらに糞ムン大統領は「しかしわれわれにとって戦後経済の再建は植民支配から脱却することと同じくらい険しい道だった」と述べたそうな。

このニュースを読んだ時、もう日本は韓国と未来永劫付き合えないなと感じました。

朝鮮戦争当時の日本はアメリカの占領下で前線基地にならざるを得なかったし、韓国の戦後経済を豊かにするために日本がどれだけ援助してきたか・・・。

1965年の日韓合意で多額の資金提供し「漢江の奇跡」を起こしたのに礼の一つもない。

ないどころか、朝鮮戦争で儲けたんだからもっと金を出せ!と言ってくる始末。

金を出せ!といえば、強制徴用被告企業の国内資産の売却手続きが入っていますね。

早ければ今年の8月に現金化されるそうです。

もし、現金化されれば日本政府も黙ってはいないでしょう。

韓国政府は「ケンチャナヨ」と楽観的ですが・・・。

なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか 韓国人による日韓比較論 (扶桑社新書) [ シンシアリー ]

価格:968円
(2020/7/2 07:59時点)
感想(0件)


posted by 声優社労士 at 09:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: