2020年06月26日

ムン大統領は頭がおかしい。

アメリカのトランプ大統領の補佐官だったボルトン氏が回顧録を出版し、その中で韓国のムン大統領は頭がおかしいと書いていたことが分かったと朝鮮系のネットニュースで報じていました。

でもって早速韓国政府は、ボルトン氏の主張は事実と違う!錯覚と傲慢から脱却せよ!と反論しているとか。

まぁ、ボルトン氏でなくてもムン大統領のこれまでのやり方を見てきたら、普通の人ならまともじゃないと思うことです。

例えば、2018年6月のアメリカと北朝鮮によるシンガポール宣言から2年経ちますが北朝鮮の非核化は進んでおらず、韓国ムン大統領は北朝鮮に対し非核化への説得すらせず、世界各国を回り北朝鮮への制裁緩和のお願いばかり訴えてきた。

それでも成果を上げられず、先日に北朝鮮からはケソン南北共同連絡事務所を爆破され「役立たず」と罵られる始末。

普通、罵られたら怒るのが当たり前なのですが、ムン大統領は怒るどころか忍耐の一字で、そのうっぷんを日本に向けてきている。

慰安婦問題や旧朝鮮労働者問題、軍艦島の件に関し日本を挑発し国民の目を「反日」にそらさせようとね。

これで、ムン大統領の頭がおかしくないと誰が言えようか。

今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る [ シンシアリー ]

価格:1,650円
(2020/6/23 08:05時点)
感想(0件)


posted by 声優社労士 at 09:00| 神奈川 ☔| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: