2020年03月24日

韓国らしい事件です。

「島民たちを殺す気か!」と中国ウィルスが蔓延していた大邱から戻った公衆保険医の顔に離島の島民が消毒ガスをかけたと朝鮮系のネットニュースで報じていました。

まぁ、要するに離島の人たちはその医者から中国ウィルスに感染し自分たちが死ぬのではないか?と危険を感じたということでしょう。

その医者は自宅に隔離されていたということですから島民が感染することはないのですが・・・。

無知ゆえの行動ということなのでしょう。

韓国らしい事件です。

そんな中、韓国ソウルでは当局の中止要請にもかかわらず礼拝したカルト宗教の信者46人が感染したという。

日本のニュースでも登場する「クラスター」という状態だったみたいです。

中国ウィルスも祈れば治る!と信じ込まされていたんでしょうか?

これもまた、韓国らしい事件です。






posted by 声優社労士 at 09:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: