2020年03月22日

韓国はアメリカと日本に対し通貨スワップ締結を持ちかかている?

韓国の株式市場で史上11回目となるサーキットブレーカーが発動したと朝鮮系のネットニュースで報じていました。

サーキットブレーカーというのは、急激な株価下落を止めるために自動的に取引を停止することみたいです。

過去には、2008年のグローバル金融危機2008や2001年の米同時多発テロ当時に発動したみたいですね。

サーキットブレーカーが発動されるくらいですから、韓国の金融や実体経済ともに危険なのは確かなようです。

韓国右派系のメディアは、韓国経済が「五面楚歌」に陥ったと報道しています。

1、金融危機が世界的に広まっている!

2、新型コロナウィルスが世界中に広まっている!

3、グローバルサプライチェーンの崩壊!

4、実体経済が不安定!

5、使える政策がない!!

四面楚歌ならぬ五面楚歌・・・。

そんな中、韓国はアメリカと日本に対し通貨スワップ締結を持ちかかているとか。

日本としては「ふざけるな!」です。




posted by 声優社労士 at 09:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: