2020年03月16日

日本としては冷静に反論するのが一番。

日本政府の韓国の入国制限措置について事前通報はなかったと韓国側が主張したと朝鮮系のネットニュースで報じていました。

これに対し、日本政府は事前通報したと主張。

どちらの言うことが本当なのか?

本当なのかはともかく、日韓両政府の発表内容に食い違いが出るのは毎度のことで、最近では2019年11月の輸出管理の政策対話でしょうか。

その前は、自衛隊機レーダー照射問題ですね。

韓国政府は国内向けのためにあったことも「なかった」と発表するのはいつものこと。

そんな中、日本で就職予定の韓国青年150人が入国制限で足止めされている!と韓国メディアで報道。

日本はなんてひどい国だ!と言わんばかり。

まぁ、日本としては冷静に反論するのが一番のようですね。






posted by 声優社労士 at 10:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: