2020年02月21日

嫌なら防衛費負担を上げるしかないね。

アメリカの検察が、北朝鮮に対し通信機器や装備を供給したとして中国のファーウェイを起訴したと朝鮮系のネットニュースで報じていました。

北朝鮮と取引をすることは国際法違反となります

ファーウェイはアメリカ企業の営業秘密や知的財産権の窃盗などでも起訴されていますが、今回は追起訴という形だそうです。

これに対し、ファーウェイは声明を発表し「これまで北朝鮮とはいかなるビジネスもしてこなかった」と反論しているとか。

まぁ、取引していましたなんて口が裂けても言えませんからね。

北朝鮮に厳しいアメリカですが、今度はTHAADを巡り韓国に対し3重の圧力をかけているとか。

その3重圧力というのは、THAADの性能改良・追加発射台と基地工事費だそうで、これを全部韓国政府に負担させようということでしょう。

北朝鮮と仲良くしたい韓国としては困ったことです。

アメリカとしては、嫌なら防衛費負担を上げるしかないねと言ってくるに間違いありません。

ハリス大使に対する人種差別発言で韓国を信用しないアメリカ。

さらなる攻撃は避けられないでしょう。



posted by 声優社労士 at 09:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: