2020年02月04日

勝った負けたはどうでもいいと思うのですが・・・。

韓国政府が、無症状感染の可能性が高いと前言を撤回したと朝鮮系のネットニュースで報じていました。

無症状感染とは、ウイルスに感染しても発熱や咳などの症状が現れていない人が他人に武漢肺炎を移すことで、日本でも警戒していました。

韓国政府はこれまで「何の根拠もない」と一蹴していましたが、二次感染で患者数が増えるにしたがって認めざるを得なかったのでしょう。

現時点で、韓国の武漢肺炎感染確定例はこの週末に新たに4人増えて15人になったとか。

そんな中、韓国野党は、今の与党が野党だったパクネ政権時代にMERS感染症が猛威を振るったとき政府を猛攻撃をしたが、武漢肺炎ショックで同じようなことをやっている!と批判しているそうな。

韓国政府と大統領は後追いの対応と秘密主義は政権が変わっても同じということですね。

さらにムン大統領は、中国にマスク300万枚を支援するなど朝貢外交に余念がありません。

しかし、朝貢外交も国民の支持を得られなければ意味がありません。

武漢肺炎ショックで韓国政府は、ようやく中国湖北省を経由した全ての外国人の韓国入国を全面的に禁止することにしたそうです。

で、ここで面白いのが、全面禁止の政策が日本よりも遅れたことに「悔しい」と韓国メディアが報じていたこと。

全てにおいて日本に勝たなければプライドを守れない韓国。

こういうことで勝った負けたはどうでもいいと思うのですが・・・。






posted by 声優社労士 at 08:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: