2020年01月07日

韓国経済関係者の新年会で、政府政策批判が出るのも無理はない。

韓国経済関係者の新年会で、政府政策が批判出るや「ブラボー」と拍手喝采だったと朝鮮系のネットニュースで報じていました。

経済界関係者は遠慮なく政府の悪口を言えないけれども、野党の代表が政府批判したからです。

企業が政府批判しようものなら、企業に脱税の濡れ衣を着せるのが政府の常套手段です。

韓国での昨年の輸出は前年より10.3%も下がったのに、それでも韓国政府は「経済はうまく行っている」というのだから、韓国経済界の皆さんは呆れてものが言えないことでしょう。

ところで、仮想通貨バブル崩壊により半導体価格が暴落し厳しい韓国経済は大丈夫なんでしょうか?

最近の韓国経済を牽引してきたのは半導体です。

その半導体価格が仮想通貨のバブル崩壊により、1年で5分の1に暴落!

ほとんど収益が出ない状況に・・・。

そして、貿易収支が赤字に転じ、企業の資金ショートによる倒産リスク!

韓国経済関係者の新年会で、政府政策批判が出るのも無理はないということか。




posted by 声優社労士 at 10:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: