2019年12月19日

これからのキーワードは「中国」のようです。

韓国製化粧品の代わりに日本製を使う中国人が増えていると朝鮮系のネットニュースで報じていました。

世界の化粧品業界からは「眠れる巨人だった日本製化粧品が中国でついに目覚めた」といわれているとか。

韓国としては日本に負けた!悔しい!というところでしょう。

韓国化粧品は韓国ドラマの影響で人気が出たのですが、THAAD問題で反感感情が高まり人気は終息し、取って代わったのが日本製化粧品だったということのようです。

韓国と中国の間にはTHAAD問題のほかにGSOMIA破棄を撤回したという問題もありますからね。

さらには、米中貿易摩擦もあり中国に依存している韓国としては頭の痛い問題ばかりです。

さて、日本も中国習近平国家主席を国賓で迎えるか否かの問題が巻き起こっています。

これからのキーワードは「中国」のようです。






posted by 声優社労士 at 09:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: