2019年11月23日

韓国のヌンチ政策。

韓国が日本とのGSOMIA破棄問題で条件付きの延長を決めたと朝鮮系のネットニュースで報じていました。

韓国としては日韓関係というか、米韓関係の破局はとりあえず回避できましたが、さらなる問題もできたといえるでしょう。

今回、日本の輸出規制の撤回とホワイトリスト復帰がGSOMIA延長条件だ!と韓国政府は息巻いていましたが、現実は日本として対話再開の方針だけを明らかにしただけ。

それなのにGSOMIA破棄を撤回したのは、アメリカからの経済報復の脅しがあったと考えます。

韓国に通貨危機を起こすぞ!とね。

アメリカのいうことを聞いたけど、今度はムン政権を支持する左派勢力の反発は避けられないでしょうね。

GSOMIA締結に反対する人々が、今のムン大統領の支持層だからです。

さらに、日米と同盟を結ばないと約束した中国を裏切ることにもなります。

当然、ムン大統領が愛する北朝鮮にもね。

八方ふさがりのムン大統領。

ヌンチ政策でいつまで耐えられるか?




posted by 声優社労士 at 19:00| 神奈川 ☔| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: