2019年11月22日

これは永遠に続くネバーエンディングストーリー。

韓国に「日本の厚顔無恥忘れてはならない」と叫びながら少女像建立推進する中学生がいると朝鮮系のネットニュースで報じていました。

日本軍慰安婦被害者の苦痛と犠牲を記憶するための「平和の少女像」を江原道東海市に建立するためだという。

韓国の反日教育の恐ろしさを感じる出来事です。

こういう洗脳教育を受けた子供たちが大人になって反日活動かになるのですね。

そういう活動家たちは、日本統治時代に植えられた木をすべて引っこ抜け!ということで、韓国プサン国立大田顕忠院に植えられたイブキを日本の象徴なので除去しろ!と息巻いているとか。

そのくせ、イチゴや米などの農産物は日本から盗んできて植えています。

なんという、卑劣な連中なのでしょうか。

日韓関係の世論調査で、韓国に譲歩するな!という日本人が増えているのも理解できる気がします。

そんな中、日本政府が外務省のホームページで韓国語で旭日旗の説明資料を追加すると明らかにしました。

これに猛反発する韓国政府。

日本VS韓国。

これは永遠に続くネバーエンディングストーリー。





posted by 声優社労士 at 09:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: