2019年10月28日

アメリカ、日本は呆れるだけ。

先日韓国で、親北朝鮮団体が駐韓アメリカ大使公邸へ集団乱入した事件での続報です。

現場で警備していた韓国の警察官は最小限の犯行制圧用具である警棒すら持っていなかったことがわかったそうです。

それでは制圧できないのも当たり前です。

で、そのいいわけですが「使うことがほとんどないので・・・」ということです。

なんという怠慢!

怠慢といえば司法も似たようなもので、外国公館侵入という事案の重大性にもかかわらず、ムン政権になって以降、集会・デモ事犯に対しては軽い処分が続いている。

で、今回の事件でも逮捕状は棄却。

まぁ、反米・親北のムン政権を司法は忖度したということなのでしょうね。

アメリカや日本は呆れるだけです。



posted by 声優社労士 at 09:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: