2019年08月09日

世論を焚き付けるといいますが、焚き付けられる方もどうかと。

「もう日本に負けない!日本は大きな被害を甘受しなければならない!!」

韓国のムン大統領は、北朝鮮との経済協力体制が確立すれば日本の優位に追い付くことができ、南北が共闘して日本に対抗する!と発表したとネットニュースで報じていました。

さらにムン大統領は、「日本が自由貿易秩序を乱すことに対する国際社会の批判も非常に大きく、日本は経済力だけで世界の指導的位置に立つことができない!大韓民国は道徳的優位を基に成熟した民主主義の上に平和国家と文化強国の地位をより高め、経済強国として新たな未来を開くだろう」と話したとか。

要するに、南北統一して日本をやっつけてやる!ということなのでしょう。

しかし、日本には負けないと言いながら、反日で韓国世論を焚き付けアメリカに泣きつくのはどうなんでしょうか?

韓国政府は日韓の軍事情報包括保護協定であるGSOMIAを日本が強硬な輸出規制を続けるなら破棄する!!

だから、日本に撤回するよう働きかけて!とアメリカに泣きついたとか。

日本に負けない!と大口をたたくのは韓国の国内向けなのですね。

世論を焚き付けるといいますが、焚き付けられる方もどうかと。

強い者にただついてゆく国民も馬鹿としか言いようがない。








posted by 声優社労士 at 08:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: