2019年07月15日

戦後、日本が韓国の復興にどれだけ努力したのかも忘れて、恩を仇で返す韓国。

日本から韓国への輸出優遇除外で、韓国中小企業の59%が「6カ月以上は持ちこたえられない」と回答していると朝鮮系のネットニュースで報じていました。

ん?韓国の中小企業の皆さんは何か勘違いをしていますね。

日本は韓国に対し禁輸しているわけではありません。

個別に必要書類を出して審査を通れば輸出されるのです。

そこのところを理解されずに「北朝鮮問題絡めて安倍が韓国を圧迫!」とか、強権的なメディア報道だけで判断されるのもいかがなものかと思います。

こうなった背景には、韓国ムン政権における数々の反日行為があるのは事実です。

パクネ政権下で合意してできた慰安婦財団を解散し 「最終的かつ不可逆的な解決」を踏みにじったこと。

旧朝鮮半島労働者問題における裁判で日本企業に賠償命令が出たこと。

日本と韓国の輸出入の問題で、ムン政権になってから3年以上、意思疎通がなかったこと。

などなど。

戦後、日本が韓国の復興にどれだけ努力したのかも忘れて、恩を仇で返す韓国。

韓国は今回の日本からの輸出優遇除外でも「問題視するの日本だけ」 だと批判したり、「むしろ日本が北朝鮮にフッ化水素を密輸出して摘発」しているとかね。

輸出問題で摘発が話題となりますが、日本と韓国とでは決定的が違いがあるそうです。

日本では輸出される前に摘発しますが、韓国では輸出した後に摘発するのですから。

反日感情を国内政治に利用する韓国、この先どうなることやら。



posted by 声優社労士 at 09:12| 神奈川 ☔| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: