2019年07月11日

日本政府による韓国への規制の対象となった「フッ化水素」もアラブ首長国連邦に?

韓国政府が自国企業の多くを生物・化学兵器を含む大量破壊兵器製造に転用可能な物資をシリアやイランなどの国に不正輸出したとして行政処分していたことが日本政府関係者への取材で分かったとネットニュースで報じていました。

報道によると、これまでに142件が処分対象となっていたとか。

不正輸出約4年間に156件摘発という報道もありました!

ところで、シリアやイランというと北朝鮮の友好国ですよね!

ということは、シリアやイラン経由で北朝鮮に日本から韓国への輸出品が横流しされている可能性は否定できません。

さらに、日本政府による韓国への規制の対象となった「フッ化水素」もアラブ首長国連邦に密輸されていたそうです!

これまでの韓国から第3国への密輸は国際的な貿易管理の枠組みである「オーストラリア・グループ」に触れ加盟各国の逆鱗に触れることは間違いありません。

そんな中、韓国ムン大統領が韓国企業のトップと会い協議したというニュースもありました。

協議もいいけど、韓国からの密輸について日本に説明するべきだろ!と思うのは私だけでしょうか?

韓国、くたばれ!




posted by 声優社労士 at 22:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: