2019年06月01日

糞尿まみれの韓国近海で取れた水産物が安全なわけがありません。

日本政府は、輸入食品のモニタリング計画を改正し、韓国から輸入するヒラメなど水産物の検査を6月から強化することにしたとネットニュースで報じていました。

夏の食中毒増加から国民の健康を守るためだとしていますが、韓国の日本の水産物輸入禁止措置に対する事実上の対抗措置なのでは?ということです。

さらに、検査の結果で食品衛生法の基準を超える数の寄生虫が見つかった場合は、全量検査に切り替えるとか。

糞尿まみれの韓国近海で取れた水産物が安全なわけがありません。


私は、日本政府の措置は適正だと思います。

韓国への対抗措置とは関係なくね。








posted by 声優社労士 at 09:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: