2019年05月13日

韓国の辞書には「反省」という言葉はない。

韓国ムン大統領が、「歴史問題が日韓関係の発展を妨げている。これは決して韓国政府が作り出している問題ではない」と歴史問題の蒸し返しを否定したとネットニュースで報じていました。

そして、過去に日韓基本条約が締結されたが、国際規範や人権意識が高まり、少しずつ過去の傷が表出しているとも。

しかし、過去の傷が表出していると言うこと自体が「蒸し返し」であり、1965年に日韓基本条約を無視するものであると考える。

そんな上から目線のムン大統領はG20で日本との会談を望んでいるという。

よくもまぁ、ぬけぬけと。

ムン政権になり、釜山の日本総領事館前を「抗日通り」にするなど「反日」は原理主義の宗教のように暴走し、政敵は「土着倭寇」だとして魔女狩りを始めている。

また、ムン大統領の手当たり次第の反日作戦は、国内政治を安定させるが、一方において国民をバカにして国を危機に陥れるという。

壬辰倭乱や1997年外国為替危機の時にあれほど辛い思いをしたのに・・・。

韓国の辞書には「反省」という言葉はない。








posted by 声優社労士 at 10:00| 神奈川 | Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: