2019年05月12日

ムン大統領の辞書に反省という言葉はない。

韓国の零細事業者3分の1が休業又は廃業を検討していて庶民経済が公開寸前だ!と朝鮮系のネットニュースで報じていました。

ここ2年で売り上げが40%以上激減し今後の見通しも立たないことが原因のようです。

また、韓国の外貨準備高が現在4040億ドルでドル高の影響で減少しているという。

さらに、韓国の主要企業が株式市場で過小評価される「コリア・ディスカウント」現象が発生。

サムスンの折りたたみスマホも欠陥のため発売延期のようですしね。

弱者の財布を満たすという韓国政府の政策が逆に庶民経済を苦しめる・・・。

ムン大統領の経済運営が全て誤りだったことの証明になりそうです。

それでも、自分は悪くない、経済が悪いのは他国のせいだ!と言い張るムン大統領。

彼の辞書に反省という言葉はない。





posted by 声優社労士 at 08:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: