2019年05月11日

韓国ムン大統領が韓国のミサイルを「飛翔体」と言うのも自国の防衛産業が北朝鮮に劣るからなんでしょうか?

ソナーなし、エンジンも不調で問題山積なのが韓国製兵器システムだと朝鮮系のネットニュースで報じていました。

韓国の水上救助艦は、これまで1970年代レベルの性能不十分なソナーを積んで運用されていたのですが、現在ではそれもないとのこと。

その背景には防衛産業の不正があるようで、外国企業との法的問題を解決しないとソナーを取り付けられないとか。

さらに、韓国大統領府の韓国製ヘリも機器不良で墜落、新型護衛艦も故障で係留中・・・。

そんな中、北朝鮮はまたミサイルをぶっ放しています。

韓国ムン大統領が韓国のミサイルを「飛翔体」と言うのも自国の防衛産業が北朝鮮に劣るからなんでしょうか?

よく分かりませんね。






posted by 声優社労士 at 00:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: