2019年04月17日

いつ、アメリカの堪忍袋の緒が切れるのか分かりませんね。

日本は中国に閣僚6人を派遣することとなり、「最悪の韓日関係」の中で日本と中国の関係は改善していると朝鮮系のネットニュースで報じていました。

尖閣の問題もあるけど、中国としては米中摩擦を何とかしたいという目論見から日本に接近してきているのでしょう。

まぁ、裏の顔があるとしても表向きはよくしようという努力は買いますね。

しかし韓国は、表も裏も日本に対して悪意が見え見えです。

これでは、関係をよくしようとは思いません。

このことはアメリカも同じようで、自国の世論に迎合し国際秩序やルールを無視する韓国に嫌気がさしているようです。

先日の米韓首脳会談でも当事者の会談はたった2分だったことからも窺えます。

韓国船舶が北朝鮮の船舶と「瀬取り」をしていたことへの疑いから、裏で韓国は北朝鮮へ支援してることがはっきりしました。

いつ、アメリカの堪忍袋の緒が切れるのか分かりませんね。

その時、日本はどうする?





posted by 声優社労士 at 09:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: