2019年03月29日

韓国ソウルでのシャッター商店街や空きオフィス・・・。

韓国で、これまで優良公企業だった韓国水力原子力と韓国電力傘下の発電公企業が赤字を出していると朝鮮系のネットニュースで報じていました。

赤字になる理由は簡単で、ムン大統領が脱原発政策を進めたからだ。

当然、原子力がダメなら火力発電になるのだが原油価格も不安定で、さらに人件費が会社の首を絞めるようです。

その電力問題ですが、韓国の半導体製造にも影響を与えるようです。

半導体製造には、電力をたくさん必要とするのだが、火力では賄いきれない可能性があるからだ。

ゆえに、韓国の半導体メーカーは独自で発電所を建設するというから驚きだ。

韓国に進出している日本企業も対応を急がないと、電力不足で工場閉鎖ということになるかもしれない。

いま、韓国経済は死につつある。

韓国ソウルでのシャッター商店街や空きオフィス。

日本の地方都市のようですね。

そんな死につつある韓国ですが、ムン大統領は、最低賃金をさらに上げるつもりでいます。

何を考えているんだかわからない韓国大統領です。



posted by 声優社労士 at 09:00| 神奈川 | Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: