2019年03月23日

北朝鮮問題もPM2.5問題も韓国人の基本的な考え方が問題を大きくしているのでは?

韓国が、異常なまでの北朝鮮融和策で国際的に孤立しているとネットニュースで報じていました。

といいますのも韓国は、アメリカ、日本や世界の考え方と逆行して、非核化よりも北朝鮮との融和や交流を優先させようとしているからだ。

その中で、韓国内における脱北者への差別的人権侵害や北朝鮮に対する石油関連製品の提供があげられる。

さらに、米朝会談決裂後も開城工団・金剛山再開を準備したりしていました。

何が何でも「南北統一」したいのでしょうね。

そんな韓国ムン大統領ですが、北朝鮮問題でアメリカや国連から非難されるだけでなく、中国からもPM2.5問題で非難されているそうです。

韓国ソウルでの光化学スモッグは凄まじく、前もよく見えない状態で原因が中国にある!と決めつけているようですが、これに対し中国は科学的根拠を示せ!と反論しています。

北朝鮮問題もPM2.5問題も韓国人の基本的な考え方が問題を大きくしているように思います。

自分たちは悪くない、何事もうまくゆかないのは他の誰かのせいだ!とね。

その最たるものが「反日」ではないでしょうか。

くたばれ、韓国!




posted by 声優社労士 at 09:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: