2019年03月16日

自分たちで反日のタネを蒔いておいて、自分たちでは刈らずに日本に刈らせようとしたツケが回ってくることでしょう。

韓国最高裁の徴用判決の原告側が三菱重工業の欧州内の資産を差し押さえることを検討中だということですが、もし差し押さえされたら日本企業の韓国支社撤収もありうると日本財界の経団連首脳部が発表したと朝鮮系のネットニュースで報じていました。

要するに、日本企業は韓国では経済活動を一切行わないということです。

さらに、日本政府が対抗措置を検討していることから、韓国はあわてて「日本は慎重な対応を!」と言ってきたみたいですね。

何をいまさら、と言った感じです。

韓国がいくら責めても日本は言うことを聞くと思っているのでしょうが、これからは違います。

自分たちで反日のタネを蒔いておいて、自分たちでは刈らずに日本に刈らせようとしたツケが回ってくることでしょう。

共産主義化する韓国に未来はない!

「徴用工」の悪心 [ シンシアリー ]

価格:907円
(2019/3/13 09:08時点)
感想(0件)




posted by 声優社労士 at 09:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: