2019年02月06日

韓国に他人の価値観も認める度量があればいいのだが・・・。

韓国は約束を守れないと前回書きましたが、法に対する考え方が日本とは違うようなのです。

どういうことかというと、ある事件が起こり、これではいけないと新しい法律ができたとします。

そして、後に似たような事件がおきた時には「新しい法律」で裁かれることになりますが、「新しい法律」ができる前の事件は、その法律で裁かれることはありません。

日本では、いや世界では当たり前のことですが、韓国では「新しい法律」で過去の事件も裁かれることがあるのです。

一度罪を償ったとしても「新しい法律」でまた投獄される可能性がある。

この考え方で、韓国の歴代大統領が次々と投獄されているのです。

要するに、正義が歴史と共にコロコロとかわり一貫性がないということ。

今日正しいことが明日には悪いこととされてしまう。

日本人である私にはあきれるばかりだが、韓国人は日本と異なる伝統や文化、価値観に従っているだけともいえる。

これで、他人の価値観も認める度量があればいいのだが・・・。

「徴用工」の悪心 [ シンシアリー ]

価格:907円
(2019/2/4 09:21時点)
感想(0件)








posted by 声優社労士 at 10:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: