2019年01月22日

そういえば、この件でよくTVに出てくる韓国国防省のクソ女ですが、北朝鮮TVの女アナウンサーを連想させます。

「これ以上韓国と協議を継続しても真実の究明に資するとは考えられない」

日本の防衛省が公表したレーダー照射をめぐり「最終見解」を示したとネットニュースで報じていました。

防衛省はレーダー照射問題で照射音を公開しましたが、韓国側は単なる機械音だと反論。

日本側の主張が真実だが、これ以上は水掛け論が続くだけで意味がないないようです。

さらに、日本の防衛省が韓国レーダー照射問題を受けて、その実態を10カ国語で発信することにしたそうで。

韓国が日本の自衛隊機に対するレーダー照射の事実を認めず、逆に日本に非があるとの虚偽の発信を続けていることから、国際社会に日本の哨戒活動の正当性を訴える必要があると判断したからだそうです。

この問題に関し韓国側は、日本側が公開したレーダーに警報音が鳴らなかったことも射撃威嚇を受けるほどの危険状況ではなかったとして、日本は証拠出せないやましい理由があるに違いないと反論してきました。

日本政府もこれ以上韓国と対話をしても無駄だと判断したのでしょう。

堪忍袋の緒が切れる、とはこのことです。

そういえば、この件でよくTVに出てくる韓国国防省のクソ女ですが、北朝鮮TVの女アナウンサーを連想させます。

まぁ、同じ朝鮮民族ですからね。

「徴用工」の悪心【電子書籍】[ シンシアリー ]

価格:907円
(2019/1/21 08:38時点)
感想(0件)



posted by 声優社労士 at 11:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: