2019年01月10日

韓国は日本に対し何をやっても許されるのか?

いわゆる元徴用工の差し押さえ問題で、日本政府は日本企業の資産差し押さえが決まったことにより我慢の限界に達し、韓国政府に直ちに協議申し入れたとネットニュースで報じていました。

しかし、韓国政府が協議に応じる可能性は低いのだとか・・・。

訪米中の総裁外交特別補佐ではないけれど、韓国では日本に対して何をやっても許されるという空気が蔓延しているからですね。

もし韓国が応じない場合は、日本政府は協定に基づく「仲裁」や国際司法裁判所であるICJへの提訴に踏み切る構えだそうです。

さらに、同時に差し押さえ資産を現金化する事態なども想定し、関係省庁で対抗措置の準備を進めるのだとか。

さて今日は韓国ムン大統領が年頭の記者会見を行うそうです。

どういう発言になるのか楽しみなところです。





posted by 声優社労士 at 08:26| 神奈川 ☀| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: