2018年12月24日

仮にも同盟国に対しロック・オンするとは!

韓国海軍駆逐艦が石川県にある能登半島沖の日本海で海上自衛隊のP1哨戒機に火器管制レーダーを照射していたとネットニュースで報じていました。

さらに、その照射が数分間にわたり継続していたことが分かったそうです。

日本の岩屋防衛相は「火器管制レーダー照射は実際の火器の使用に先立って実施する行為であり、不測の事態を招きかねず、非常に危険な行為と言わざるを得ない」とし「韓国側に強く抗議し、再発防止を求めた」と述べたとか。

これに対し韓国の国防部は艦艇は正常な作戦活動でレーダーを運用し自衛隊哨戒機を照射したというのは日本側の誤解だと説明、メディアはレーダーを使ったのは遭難した北朝鮮船捜索のためだったと報道・・・。

韓国は日本に謝るどころか、言い訳ばかり。

でもって今度は、韓国軍の艦艇の上を飛行する自衛隊機が悪い!と言い出してきました。

日本の防衛省は、P1哨戒機が火器管制レーダーの照射を受けた後、韓国側に無線で意図を問い合わせたものの応答がなかったそうです。

これもムン大統領の日本に対する反日の嫌がらせなのでしょうか?

そうだとすると度が過ぎます。

仮にも同盟国に対しロック・オンするとは!


朝鮮半島統一後に日本に起こること 〜韓国人による朝鮮半島論〜 [ シンシアリー ]

価格:864円
(2018/12/24 11:44時点)
感想(0件)




posted by 声優社労士 at 11:45| 神奈川 ☀| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: