2018年12月15日

ファーウェイのスマホを使っている人は、中国共産党にのぞき見されているかもよ。

分解したら「余計なもの」が見つかったとネットニュースで報じていました。

何のことかと思いましたら、スマホの売り上げが世界第2位の中国IT大手「ファーウェイ」で日本の与党関係者が分解したところハードウェアに「余計なもの」が見つかったそうなのです。

まぁ、いわゆるスパイウェアですね。

つまり、ファーウェイの製品を使うと機密情報が全て中国側に流れてしまうということです。

これに危機を抱いた日本政府は、各府省庁や自衛隊などが使用する情報通信機器について、安全保障上の懸念から、中国通信機器大手ファーウェイとZTEの製品を事実上排除する方針を固めたとか。

事の発端は、アメリカ当局がファーウェイのCEOをカナダで逮捕し、イランとの制裁を回避する違法な金融取引にCEOである孟容疑者が関与した疑いで捜査し始めたからです。

で、芋ずる式にファーウェイの悪事が明るみに出たということ。

ファーウェイのスマホを使っている人は、中国共産党にのぞき見されているかもよ。











posted by 声優社労士 at 09:00| 神奈川 | Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: