2018年12月06日

なりふり構わない、というのが今の現状なのでしょう。

脱原発の韓国がチェコに原発輸出を目指していると朝鮮系のネットニュースで報じていました。

韓国ムン大統領は韓国では脱原発政策を展開しているのですが、対外的には原発輸出を通じ国益を最大化しなければならないとしているそうで・・・。

危険なものは自国にはおかないけれど、他国ならいいということでしょうか?

韓国の野党も私と同じ考えのようで、韓国で原発を放棄する状況なのに海外に原発を売ろうとするのは矛盾していると。

まぁ、それでも独裁者のムン大統領は強行に推し進めるのでしょうね。

前回も書きましたが、なにしろ韓国経済がガタガタですから。

なりふり構わない、というのが今の現状なのでしょう。

さぁ、これからどうなるか!

見ものです。


韓国人による罪韓論 [ シンシアリー ]

価格:864円
(2018/12/4 17:31時点)
感想(0件)




posted by 声優社労士 at 10:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: