2018年11月28日

北の核廃棄の実現を最重視しない点で、トランプ政権とムン政権とは重大な距離がある!

韓国と北朝鮮における南北鉄道連結共同調査が国連制裁の免除を受けた!この事業が国際社会から認められ、支持を受けたという大きな意味がある!と韓国政府関係者が述べたそうで・・・。

韓国と北朝鮮はどんどん近づきつつあります。

このことを踏まえて北朝鮮への対応で、アメリカと韓国の間の食い違いがますます深まりつつあるとネットニュースで報じていました。

といいますのも、アメリカのトランプ保守政権と韓国ムン大統領のリベラル政権との基本的な世界観の違いだそうです。

その違いには、韓国政府の日本に対する感情的な態度への対応も含まれているようで・・・。

さらに、アメリカ政府の関係者は、アメリカと韓国を仲違いさせたい北朝鮮の作戦にまんまと引っかかる韓国に対し、北朝鮮への認識に関して楽観的だと批判しているそうです。

以上から、北の核廃棄の実現を最重視しない点で、トランプ政権とムン政権とは重大な距離があると。

まぁ、基本的に韓国ムン大統領はコチコチの左派なのでいずれは北朝鮮と合体し中国の一部となるでしょう。

そのためにも日米強化が必要となりますね。

朝鮮半島統一後に日本に起こること 〜韓国人による朝鮮半島論〜 [ シンシアリー ]

価格:864円
(2018/11/28 08:27時点)
感想(0件)



posted by 声優社労士 at 08:30| 神奈川 ☀| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: