2018年11月17日

これからは、上等じゃないか!と売られた喧嘩は買うようにしないとね。

韓国による「朝鮮半島出身労働者問題」で新日鐵住金を相手に損害賠償を求めていた裁判問題において、韓国政府が「日本強制動員現存企業299社リスト」なるものを作っていたとネットニュースで報じていました。

このリストは、李明博政権末期に対日本を見据えて「対日抗争期強制動員被害調査及び国外強制労働動員犠牲者等支援委員会」なるものが作成したようです。

で、今が日本を潰すちゃんとばかり、日の目を見ることになったのでしょう。

韓国の反日クソ女であるカン・ギョンファ外相も、被害者の傷が早期に最大限癒やされるようにすることがわれわれの責務であり被害者の傷を最優先に考え、政府の立場を決めると国会答弁しています。

つまり、韓国は日本とは徹底抗戦の構えだということです。

これまで、日本は韓国に対し甘かったです。

これからは、上等じゃないか!と売られた喧嘩は買うようにしないとね。

これからは、ボーっと生きてちゃダメです。

儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇 (講談社+α新書) [ ケント・ギルバート ]

価格:907円
(2018/11/15 08:42時点)
感想(31件)



posted by 声優社労士 at 09:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: