2018年11月09日

あいつが、もらえるんだったら俺も私も!という貧乏人根性なのでしょう。

今回の韓国での徴用工裁判で「うちの祖父も徴用されたが、訴訟を起こせばよいのか」と韓国政府に問い合わせ殺到していると朝鮮系のネットニュースで報じていました。

あいつが、もらえるんだったら俺も私も!という貧乏人根性なのでしょう。

さらに、今回の裁判で新日鉄住金に対して原告に1億ウォンずつ慰謝料の支払いを命じる判決を下したのですが、実際の賠償金額はさらに多いのだとか・・・。

どういうこと?

つまり、被害者が請求した1億ウォンのほか、控訴審弁論終結日の2013年6月19日から計算して年20%の利率に相当する金額を追加で支払うべきという付属決定をしたからです。

ということは、新日鉄住金が賠償しないと利子はうなぎのぼりということに。

ハッキリいってぼったくりもいいとこです。

さて、12月には三菱重工に対する判決もあるそうで。

日本企業も韓国との関係を考え直す時期に来ていると思います。

くたばれ、韓国!


朝鮮半島統一後に日本に起こること 〜韓国人による朝鮮半島論〜 [ シンシアリー ]

価格:864円
(2018/11/2 08:28時点)
感想(0件)




posted by 声優社労士 at 09:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: