2018年11月01日

韓国と付き合うのはホトホト疲れます。

韓国において、新日鉄住金を相手取り韓国人の元徴用工らが損害賠償を求めた訴訟で、韓国最高裁が原告勝訴の確定判決を出したことにより、日本企業の在韓財産が差し押さえられる可能性さえ出てきたとネットニュースで報じていました。

徴用工も含めた請求権問題は1965年の日韓請求権協定で解決済みのはずなんですが、韓国ムン大統領は「司法の判断を尊重する」としています。

しかし、国際法上、国家条約である請求権協定は司法、立法、行政の三権より優越しており、協定違反となり、同時に韓国における判決の不当性が国際的に注目されることになるそうです。

前回の慰安婦合意もそうですが、何か韓国と契約しても韓国の都合で一方的に破られるのでは安心して契約などできません。

そういえば、とある国際政治学者の先生がこんなことを言っていました。

今後、朝鮮半島で有事が起こる可能性が高くなって来た場合を考えて在韓邦人を減らしてゆくことを考えなければならない。

今回の件がいい機会なので、韓国に進出している企業は撤退も視野に入れて考えるべきだと。

私も同じ意見です。

韓国と付き合うのはホトホト疲れます。

この辺で、縁を切るのがいいのかと。

朝鮮半島統一後に日本に起こること 〜韓国人による朝鮮半島論〜 [ シンシアリー ]

価格:864円
(2018/10/31 08:33時点)
感想(0件)





韓国、くたばれ!
posted by 声優社労士 at 08:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: