2018年10月23日

韓国はもうおしまい。

韓国で雇用率が急激に落ちている!と朝鮮系のネットニュースで報じていました。

雇用率の落ち幅と下落期間いずれも金融危機以降最高水準ですが、「人口減少などを考えると、就業者の増加幅でない雇用率を見るべきだ」とムン大統領は言い訳をしているそうですが・・・。

しかし、雇用率が急激に落ちている原因として、人口構造の変化はありえないと学者先生は述べているそうです。

いったいどちらが正しいのか?

そうやって議論している間に、雇用率はどんどん下がってゆきます。

徴用工問題で日本との関係が悪くなれな援助も期待できない。

やがては通貨危機で国家破綻・・・。

ざまぁ!ですね。

韓国人による罪韓論 [ シンシアリー ]

価格:864円
(2018/10/20 09:07時点)
感想(0件)



posted by 声優社労士 at 10:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: