2018年10月20日

韓国と国交断絶だ!

日本の植民地時代に朝鮮半島から動員された元徴用工の韓国人4人が新日鉄住金を相手取り、損害賠償を求めた訴訟の差し戻し上告審で、韓国大法院は今月30日に確定判決を言い渡すと発表したと今朝の読売新聞で報じていました。

日本政府としては元徴用工の賠償問題は1965年の日韓請求権・経済協力協定で解決済みとの立場です。

また、韓国の盧武鉉ノムヒョン政権時には2005年8月、元徴用工には協定が適用され、その補償や救済は韓国政府が行うとの結論を出しています。

相変わらず、ちゃぶ台返しが大好きな韓国です。

しかし、日本も黙ってはいません。

もし敗訴が確定した場合は、1965年の日韓請求権・経済協力協定に違反するとして国際司法裁判所に提訴し、政府間協議の停止、さらには駐韓大使を帰国させる措置を考えているそうです。

慰安婦合意もそうですが、国と国とが決めたことを簡単に破棄する国、韓国。

世界の笑いものです。


朝鮮半島統一後に日本に起こること 〜韓国人による朝鮮半島論〜 [ シンシアリー ]

価格:864円
(2018/10/20 08:40時点)
感想(0件)




posted by 声優社労士 at 16:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: