2018年10月14日

韓国は存在自体がパロディーだ。

フランスの「ルイ・ヴィトン」が、商標権を侵害されたとして韓国の某化粧品店を相手取って起こした損賠賠償請求訴訟で、ソウル中央地裁は、問題の化粧品店に対し、日本円で約500万円の賠償を命じる判決を下したと朝鮮系のネットニュースで報じていました。

その化粧品店は、ルイ・ヴィトンのパロディーを作っただけだと反論したそうですが・・・。

しかし、製品をPRする際にルイ・ヴィトンのロゴを使用するなど、ルイ・ヴィトンのブランドイメージを利用しようという意図があったと裁判所は認めたそうです。

まぁ、日本のお菓子やアニメキャラクターを無断でコピーする国ですからね。

韓国は存在自体がパロディーのなのかもしれません。

韓国人による罪韓論 [ シンシアリー ]

価格:864円
(2018/10/12 08:52時点)
感想(0件)





posted by 声優社労士 at 10:00| 神奈川 ☔| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: