2018年08月17日

捕らぬ狸の皮算用のムン大統領。

韓国のムン大統領が日本の終戦記念日である8月15日、韓国解放記念日の祝辞で平和の定着を通じた朝鮮半島の経済発展という「平和=経済」構想を打ち出したと朝鮮系のネットニュースで報じていました。

ムン大統領がこの日公開した経済構想は、統一経済特区と東アジア鉄道共同体だそうで、韓国から北朝鮮、そして中国まで伸びる鉄道らしく、その建設費用を日本に出させる魂胆のようです。

そもそも、北朝鮮が非核化しない限り南北統一はありえないし、アメリカが許すとは思えない。

まぁ、ムン大統領がこんなことを言いだす背景には、OECDの経済危機があるからでしょうね。

韓国の景気先行指数が15カ月連続で下落し、通貨危機が起きた1999年以降で最長期間だからです。

ここで一発逆転ホームラン!といきたいところなのでしょう。

しかし、あえなく三球三振・・・というところが現実なのかも。

捕らぬ狸の皮算用のムン大統領でした。






posted by 声優社労士 at 08:40| 神奈川 ☁| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: