2018年07月31日

日本には1000年の恨みがあると言っていた韓国ですが、数十年後には国家破綻しそうです。

高齢化や民間所得の伸びなど韓国経済の指標が日本の長期不況初期の1990年代と似た傾向を示し日本よりもひどいことになるのでは?と朝鮮系のネットニュースで報じていました。

韓国における青年層の失業率や高齢者の資産、そして、負債の質などが当時の日本より劣るためだそうです。

たしかに、バブル崩壊後に日本は長期不況に入りました。

でも、なんとか持ちこたえてアベノミクスで出口を出ようとしています。

韓国では最低賃金の引上げ、米中貿易戦争の余波、中国企業の躍進で韓国の企業に影響が出ていますからね。

その影響をもろに受けるのが社会的弱者です。

今後、不況になれば自殺者も増えてゆくでしょうね。

日本には1000年の恨みがあると言っていた韓国ですが、数十年後には国家破綻しそうです。

まぁ、いいんですけど。

posted by 声優社労士 at 11:00| 神奈川 ☔| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: